あなたの「不安」「モヤモヤ」を「安心」に オリックス生命の社員が総動員で解決

印刷

   オリックス生命保険は、ユーザーから寄せられた「お悩み相談」に、全社員が回答するコミュニケーションウェブコンテンツ「BAKU BAKU ヴィレッジ」の運用を、2017年3月27日に開始した。

   生命保険の契約に限らず、あらゆる不安や白黒ハッキリつけたいことなどを受け付け、同社の公式キャラクター、「BAKU BAKU(バクバク)」や社員が総がかりで調査。ユーザーが抱える「不安をバクバク食べて安心に変える」という。

  • オリックス生命「BAKU BAKU ヴィレッジ」のトップ画面
    オリックス生命「BAKU BAKU ヴィレッジ」のトップ画面

GWのオススメを調査中

   「BAKUBAKUヴィレッジ」のコンセプトは、ユーザーから寄せられた不安や悩みを解決することで「安心」をもたらすこと。最近は、オンラインでの自動応答など人工知能(AI)を活用したコミュニケーションが進んでいる一方、自動化で企業とお客が直接対話する機会は減ってきている。

   オリックス生命では、企業とお客同士の「直接対話」の機会を大事にしていきたいと考え、「BAKUBAKU ヴィレッジ」の運用に踏み切った。

   ツイッターのアカウントを所持するユーザーや、パソコンやスマートフォンなどからインターネットを利用できるユーザーであれば、誰でも投稿できる。

   実際、これまでにどのような投稿があったのだろうか――。

   「BAKUBAKUヴィレッジ」サイトをみると、それぞれの投稿に対して「調査中」か、「アンシン調査結果へ」と2種類の表示がある。

   たとえば「調査中」の投稿では、

「今年もやって来るゴールデンウィーク(GW)。せっかくの連休も、毎年満喫しきれていない感じ。オススメの過ごし方は? 」

とある。

   これに対し、「BAKUBAKU」が、

「せっかくのお休みだからリフレッシュしたいよね! ボクがゴールデンウィークを満喫するヒントを探してくるよ」

と記述。この「フアン(不安)」の解決策を図ろうと、現在、投稿は「調査中」になっている。

「新年度に向けた抱負、なんて言えばいい」にヒント

   一方、「アンシン(安心)調査結果」と表示されている投稿には、

「会社で新年度に向けた抱負をひと言!とよく言われるけど、なかなか思い浮かばない。どうしよう・・・」

と、この時期ならではの「フアン」が寄せられている。

   これに「アンシン」は、

「もうすぐ4月だね。ボクは暖かい春が大好きなんだ! 新年度を迎えるにあたって『抱負』を聞いてきたよ」

と報告したのち、オリックス生命が社員に行った2017年度の新年度の抱負のアンケート調査結果を公表。この中で一番多かった漢字一文字の「挑戦」の「挑」や、「新」や「進」などを示し、ヒントを与えた。

   J‐CASTニュースの取材に、同社の担当者は、「キャラクターの特徴が出ていて、ゆるさと真面目さがいいバランス。『これからに期待している』などのコメントをいただいております」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中