すかいらーく、セルフレジ本格導入 会計の待ち時間短縮図る

印刷

   「ガスト」や「バーミヤン」などのファミリーレストランを運営する「すかいらーく」が、セルフレジの導入を本格的に進めている。

   2017年1月に首都圏の3店舗で実験的に導入していたが、5月24日から、首都圏にあるガストを中心とした18店舗で本格的に導入する。

  • ランチタイムは「セルフレジ」でスイスイお会計!(画像は「ガスト」のホームページから)
    ランチタイムは「セルフレジ」でスイスイお会計!(画像は「ガスト」のホームページから)

ランチタイムに混雑する店舗を選んだ

   セルフレジは、お客が自ら伝票を読み取り、画面に従ってiDやEdyといった電子マネーやクレジットカードなどの決済手段で支払う。

   J‐CASTニュースの取材に、すかいらーくは「セルフレジの導入の主目的は、お客様の利便性向上です」と話す。

   導入の背景には、ランチタイムにお客が集中する店舗では、混雑のため、会計時にお客が列に並んでしまうことがあった。セルフレジの導入で、その解消を狙う。

   同社は、2017年1月から実験的に導入していた首都圏の3店舗で、お客にアンケートを実施したところ、約7割が「利便性が向上した」と回答したという。 今回

   導入する18店舗も、ランチタイムにお客が集中するような店舗を選んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中