ホテルに泊まって本を堪能 箱根で2018年春開業

印刷

   本に囲まれ、「暮らすように滞在する」をコンセプトにしたブックホテル「箱根本箱」が神奈川県箱根町に2018年春に開業される。日本出版販売が2017年6月5日に発表した。

   本離れが進むなか、日版は「本にふれあう機会をつくりたい」としている。

  • 温泉と読書でゆっくり、のんびりすごす(写真はイメージ)
    温泉と読書でゆっくり、のんびりすごす(写真はイメージ)

露天風呂でゆっくり、のんびり

   ブックホテルには、全館に国内外の新刊・古書、洋書合わせて2万冊の本を置く予定。館内全体を「書斎」の装いに仕上げ、「本のある暮らし」を宿泊客に提供する。

   宿泊客は、自身が持ち込んだ本はもちろん、置いてある本を自由に読めるほか、館内には箱根町で最大規模の書店も設置。本の購入もできる。

   客室は洋室19室。18室に温泉露天風呂が付いている。

   J‐CASTニュースの2017年6月8日の取材に、日版は「本を手に取る機会が少なくなるなか、本にふれる機会をつくっていきたい」としている。

   宿泊は、朝食付きで1泊1万9000円から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中