訪日外国人の消費動向 四半期で過去最高、4~6月期

印刷

   観光庁が2017年7月19日に発表した4~6月期の「訪日外国人 消費動向調査」(速報値)によると、訪日外国人による旅行消費額は前年同期と比べて13.0%増の1兆776億円となった。3四半期連続で前年実績を上回り、四半期ベースでは過去最高を更新した。

   また、2017年上半期(1~6月期)の累計は2兆456億円で、上半期で初めて2兆円の大台を突破した。16年の上半期の1兆8839億円から、8.6%増えた。

  • 訪日外国人の旅行消費、4~6月期は過去最高に
    訪日外国人の旅行消費、4~6月期は過去最高に

訪日客の旅行消費、中国人が最多

   ただ、訪日外国人1人当たりの旅行支出は14万9248円で、前年同期と比べて6.7%減少した。

   同日、日本政府観光局(JNTO)が発表した1~6月期の訪日客数は、前年同期比17.4%増の1375万7300人。全体的に訪日客数が増えたことが消費額を下支えしたとみられる。

   訪日外国人の旅行消費額(2017年4~6月期、速報)を、国籍・地域別に人をみると、中国が3682億円と最も多い。次いで、台湾が1536億円、韓国の1177億円、香港が852億円、米国の767億円と続いており、これら上位5か国・地域で全体の74.4%を占めている。韓国や香港からの訪日客数が順調に増えていることが、全体の消費額を押し上げた。

   訪日外国人1人当たり旅行支出を、国籍・地域別にみると、英国が25万1000円で最も高い。以下、イタリアが23万3000円、中国の22万5000円と続く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中