2019年 5月 24日 (金)

成長力ある企業が続々 意外と「稼げる」ソーシャルビジネス(高城幸司)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   知的なイメージで人気が高い俳優の伊勢谷友介氏。筆者が彼を知ったのは、NHKのスペシャルドラマ「白洲次郎」でした。

   日本で初めてジーンズを履き、英語を駆使する近衞文麿首相のブレーン。戦後は吉田茂首相の側近となって政治の中枢にいた、昭和史の鍵を握る人物。当時の骨太なダンディズムを、リアルに演じる姿勢に惹きつけられたものでした。

  • 「稼げる領域」かも……
    「稼げる領域」かも……

「危機感」が俳優・伊勢谷友介を突き動かした

   それ以降は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などで継続的に話題作に出演されていますが、そんな伊勢谷氏は貧困や環境、少子化など「社会問題」の解決を目指す、ソーシャルビジネスを事業にする会社の経営者でもあります。

   会社経営ともなると、社会貢献をスポットで行うよりも、従業員を雇い、継続的に収益をあげる必要があるので、難度が高い決断であったのではないでしょうか?

   リバースプロジェクトという社名で、2009年に設立。衣食住をはじめとし、水・エネルギー・教育・メディアといった分野で事業を行なっています。まさに俳優として注目度があがったタイミングに兼業を決意したのですが、このタイミングは日本としてはどん底でした。

   リーマンショックに加えて、2011年3月の東日本大震災。このままではダメになってしまう。そのような危機感の漂う時期に俳優兼経営者になったようです。

   筆者は伊勢谷氏とその共同経営者の龜石氏に、ソーシャルビジネスの件でお目にかかったことがありますが、社会問題の解決に関して熱く語っていたのが印象的でした。

   さて、最近は伊勢谷氏のようにソーシャルビジネスの会社を立ち上げる人が増えています。筆者はこうした取り組みを応援するSBP(ソーシャルビジネスプラットフォーム)の監事をしていますが、魅力的なビジネスプランで新たな切り口の社会貢献に取り組む経営者にたくさん遭遇することがあります。

   「ビジネスプランのピッチ=短時間のプレゼンテーション」を聞くと、われわれが普段は気が付かないような社会問題が世の中にはたくさんあって、それが放置されていることを痛感させられます。それだけ使命感を感じる機会が、たくさんあるということなのでしょう。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中