歩いて疲れて、1日7000円の「夢の国」! 大人になってわかった父の気持ち

印刷

   小学3年生の春休み、生まれて初めて東京ディズニーランドを訪れたときのことは忘れられない。

   かねてより母は、「夢の国」へ一度くらいは子どもたちを連れていきたいと思っていたようで、旅行の計画を立てていた。本当は家族で行くはずであったが、父は「人混みが嫌い」とか「たいしてディズニーキャラクターが好きなわけでもないのに、行く必要はない」といった理由で不参加だった。一方の、母と私たち姉妹は1か月も前から大はしゃぎであった。

  • 小学3年生の春、会えなかった……(2015年11月編集部撮影)
    小学3年生の春、会えなかった……(2015年11月編集部撮影)

盆と正月が一緒に来たようなワクワク感

   あの頃、旅行は行くまでの期間がもっとも楽しく、長く感じられた。訪れたことのない「東京」へ行くのも楽しみであったが、なにより、いつもは厳しい母がガイドブックを買ってきてニコニコと広げたり、それを妹と眺めて「どこから回ろうか」と計画を立てたりしていると、盆と正月が一緒に来たようなワクワク感でスキップしたくなった。

   盆も正月も、大人になった今より小学生の頃のほうがなにかと楽しめていた気がするが、それは「すべて大人に任せていればよく、自分はただ普段と違う休日を全力で楽しめばいい」という無責任さから来ていたと思う。

   勉強しなくてはとか、クラスの友人との人間関係を気にしなくてはといった、ふだんの苦行から開放され、ただただ「子どもの特権」を存分に味わえる、それが盆と正月だ。その2つがいっぺんに来たようなワクワク感といったらもう、下手なステップのひとつも踏みたくなるというものだ。

   母は、絵を描くのが好きな私のために、「ディズニーランドでスケッチしたらいいよ」と、真新しい色えんぴつセットまで買ってくれた。ふだん、マンガ本の1冊も買ってくれない母が、こんなにいいモノを買ってくれるなんて、もうすでに「夢の国」にいるようだ。私は舞い上がった。ディズニーランドを訪れる日を指折り数え、カレンダーにバツ印をつけた。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中