2019年 8月 24日 (土)

敬老の日、祝っても感謝されない? 「老親に何もしていない」人は約6割

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   親にはいつまでも元気でいてほしいと思っていても、背中が小さくなっていたり、足もとがおぼつかなくなっていたり...... ふと老いの兆候を目にすると、やるせない気分になることもある。

   20年、30年...... 都会での暮らしのほうが長くなったうえ、日々を忙しくすごしていると、やはり故郷は遠いもの。そんな人は、せめて敬老の日ぐらい、老親への感謝の気持ちを示したいのではないだろうか。

  • いつまでも、元気で!
    いつまでも、元気で!

2人に1人が「親の体調」を不安視

   そんな敬老の日を前に、離れて暮らす高齢者の生活リズムや室内環境をモニタリングするシステム「SUKOYAKA」を手がける日本光電が、「両親とのつながり」について調査(2017年8月22~25日実施)した。

   両親と同居していない、全国の30?60代の5028人に、両親の体調について聞いたところ、2人に1人が「親の体調に不安を感じている」と答えた。

   「とても不安がある」と答えた人は19.7%、「少し不安がある」は43.3%と、あわせて63%の人が両親の体調に不安を感じていたことがわかった。

   離れて暮らしているだけに毎日の微細な変化を目にできず、心配している様子がうかがえる。

   では、コミュニケーションの手段はどうしているのだろうか――。「定期的、または頻繁に行っているコミュニケーション手段」を聞いてみると、「訪問する」が65.9%とトップ(複数回答)。やはり顔を見せることが、なによりの「おみやげ」なのだろう。

   次いで、「電話をする」が52.6%。「電子メールをする」が17.9%、「LINEやメッセンジャーでメッセージを送る」が14.5%と続いているものの、その一方で「何もしていない」という人も11.7%いた。

   少数派として「手紙やハガキを送る」が3.6%、「テレビ電話、ビデオチャットで話している」2.3%、「一緒に仕事をしている」が1.6%。イマドキの「FacebookやInstagramなどのSNSでつながっている」人もいたが、0.9%とまだまだ少なかった。

   また、「過去1年間に親のもとへ帰省しましたか」との問いには、「正月」の59.2%と「夏休み」の55.1%が半数超え。以下、「ゴールデンウィーク」が37.5%、「秋休み」22.5%、「その他」21%となった。ただ、「帰省していない」も18.8%。約5人に1人は、1年間に一度も帰省していないことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中