2020年 9月 23日 (水)

ああ、この耐え難い「痛勤」ラッシュ 企業は社員に「時給2000円」払え!(北条かや) 

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

「痛勤」に耐えるガマン強さこそ、会社が求める「能力」ではないか

   他人に「人肌として迷惑をかけない」ことによってのみ、「痛勤者」は、すし詰めの一員になれる。自分の存在を、下手すりゃ貶めかねない空間にギュウギュウと押し込まれ、数十分も耐える苦行が、毎朝晩と繰り返されるわけだ。

   この苦しみに耐えるガマン強さこそ、会社が要求している「能力」のひとつではないか。

   通勤のあいだ、ビジネスマンたちは、忍耐力や「心を無にする力」、満員の車内でも迷惑をかけない手足の具体的な動かし方やイライラの鎮め方など、多くの能力を発揮している。にもかかわらず、交通費の実費しか貰えないなんて、あまりにも理不尽ではないか!

   「痛勤」の苦痛に耐える能力は、それだけで評価されるに値するほど素晴らしい能力だ。私など、そこに耐性がないために「会社員」という枠組みから脱落してしまったと、今でも悔やんでいる。あの能力さえあれば、人生はもうちょっと上手くいっているはず......

   だからこそ、私は本気で主張したい。「痛勤手当」さえあれば、世のサラリーマンの苦労が、少しは報われるのではないかと!!

   せめて、時給2000円くらいは会社が支払ってほしいものである。こんなに素晴らしい能力をタダで使おうなんて、ちょっと虫がよすぎるんじゃあないだろうか。

   皆さんはどう思いますか?(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中