【32】「ラジオ講座」の落とし穴! 私がやめた「たった一つの理由」(井津川倫子)

印刷

   40代で英語のやり直しを決意した時、思い切って「ラジオ講座」をやめました。

   中学時代の「基礎英語」から始まって、「英語はラジオ講座で」と育てられた世代です。さんざん悩んだあげくにテキストに手を伸ばさなかった理由はたった一つ。私にとってラジオ講座は「遠回り」だったからでした。

  • 「ラジオ講座」には落とし穴があった!
    「ラジオ講座」には落とし穴があった!

秘策その15 むやみに「ラジオ講座」に飛びつかない

   みなさんの中でも、「英語を学ぼうと思ったら、まず、ラジオ講座のテキストを買う」という方は多いのではないでしょうか?

   今ほど英語の音声教材が手軽ではなかった時代には、ネイティブの美しい発音が聞けて、1か月のコストがたった数百円(テキスト代)のラジオ講座は英語学習の「救世主」でした。私自身、恥ずかしながら、毎年4月になるとラジオ講座のテキストを買って、5月には早々に挫折する、というパターンを30年以上繰り返してきました。

   私にとって、「英語の学習」イコール「ラジオ講座」だったのです。

   英語のやり直しを決意した時も、初めは「ラジオ講座」からスタートしようと思いました。ところが、試しにいくつかの番組を聴いてみましたが、なぜかしっくりきません。

   どの番組もリスナーが飽きないような工夫が凝らされているのですが、何だかまどろっこしい。そのうちに、「私が必要とする英語」と「ラジオ講座が提供する英語」が一致しないことに気がつきました。

   ひと言でいえば、私のニーズに合わなかったのです。

   私の場合、TOEIC L&Rを受験しながらビジネス英語を身につけることが目的でしたが、「TOEICにラジオ講座は遠回り」でした。

   まず、ラジオ講座のテーマがTOEIC向きではありませんでした。

   ラジオ講座では、あるテーマについて、さまざまな意見が述べられたり議論が展開されたりしますが、TOEICでは見かけない世界経済や貿易といった大所高所に立った話題だったりします。友人との雑談や旅先での会話を想定した「日常英会話」も、TOEIC向きではありませんでした。

   また、リスニング対策としても中途半端でした。

   約20分の講座のうち、英語の音声を聞く時間は半分足らずで、残りの時間は日本語の解説です。とりわけ人気タレントを起用している「テレビ講座」は、大部分が日本語のおしゃべりで英語はVTRで少し流れるだけ、という番組もありました。

   ラジオ講座もテレビ講座も手軽で万人向きではあるけど私には中途半端。それなら、TOEICリスニング問題集を20分聞く方がよほど効率的だと思った次第です。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中