2019年 10月 16日 (水)

自動運転車、「関心ない」が51.5% 運転頻度が高い人ほど強い関心

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自動運転に「関心がない」人は51.5%で、関心がある人を上回ったことが、三井ダイレクト損害保険が東京大学の西成活裕教授(先端科学技術研究センター)とともに実施した「自動運転」に関するアンケート調査でわかった。2017年10月23日に発表した。

   また、自動運転車を購入する意向がある人に、いくらなら購入するか聞いたところ、平均は292.7万円だった。調査では、自動運転車への期待度や価値などについて聞いた。

  • 自動運転車の普及なるか(画像はイメージ)
    自動運転車の普及なるか(画像はイメージ)

自動運転車なら、交通事故減らせる!?

   調査によると、自動運転への関心については、「強い関心を持っている」が14.0%、「少し関心を持っている」が34.5%で、あわせて48.5%が「関心がある」と答えた。一方、無関心層(「あまり関心を持っていない」と「まったく関心ない」の合計)は51.5%だった。

   ただ、運転頻度でみると、週に1~3日運転するドライバーは60.3%(「強い関心を持っている」と「少し関心を持っている」の合計)が関心を示した。週に4日以上の頻度で運転する人は57.9%だった。運転頻度が高い人ほど、自動運転に強い関心を持つ傾向があるとみられる。

   自動運転に関心がある人に、「どんな点に魅力を感じているのか」聞いたところ、「交通事故のリスクを減らしそうだから」の64.9%が1位。2位が「運転することの負荷を減らしてくれそうだから」で62.3%だった。

   事故リスクと運転負荷の低減が、2大ニーズとなっているようだ。

   一方、「関心がない」と答えた人にその理由を聞くと、「自動運転について不安や不満があるから」が36.5%で最多。進展する「車離れ」を象徴するように、「車に乗らないから」(32.4%)、「車自体に興味がないから」(25.2%)との声も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中