2019年 10月 23日 (水)

都心でクルマはいらない! 新築マンションの駐車場設置率、いまや42.2%

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   マンションの住み替えや地方に住んでいる人が都心部の分譲マンションを購入するとき、マイカーを手放すケースが増えるかもしれない。

   マンションの購入時に、駐車場の有無を条件にしている人は少なくないが、いまや首都圏マンションの駐車場設置率は半分以下に激減しているのだ。

ピーク時の設置率は77.3%

   クルマを所有している人は住まいやその近辺に駐車場があることが必須。多くの人がクルマを保有していた時代では、マンションも駐車場が総戸数に対して100%近くあるのが当たり前だった。

   ところが、最近の10年でマンションの駐車場事情は一変。マンション市場などを調査する、不動産経済研究所の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の「新築分譲マンションの駐車場設置率調査」(2017年9月12日発表)によると、首都圏マンションの駐車場設置率は、ピーク時の2007年は77.3%(発売戸数6万1021戸、駐車場4万7179台分)まで設置率は上昇したが、その後08年に72.1%(発売戸数4万3733戸、駐車場3万1527台分)と下落に転じると、11年には56.4%(発売戸数4万4499戸、駐車場2万5117台分)と60%を下回り、13年には48.0%(発売戸数5万6478戸、駐車場は2万7475台分)と50%を割り込んだ。

   16年は45.2%(発売戸数3万5772戸、駐車場1万6171台分)で、とうとう17年上半期(1~6月期)には発売戸数の1万4730戸に対して、駐車場は6218台分、設置率で42.2%にまで落ち込み、歯止めがかからない状況だ。

   エリア別にみると、東京23区内は2007年に発売戸数の1万6563戸に対して、駐車場は9273台分、設置率で56.0%とピークを記録。それが09年には、47.1%(発売戸数1万6387戸、駐車場7721台分)と50%を下回り、16年には28.9%(発売戸数1万4764戸、駐車場4267台分)と、とうとう20%台にまで落ち込んだ。

   17年上半期は、発売戸数の7008戸に対して、駐車場が2064台分、設置率29.5%と30%にはとどかなかった。ただ、前年よりやや回復。東京23区内については、下げ止まりの傾向が表れてきたようでもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中