2018年 5月 28日 (月)

KDDI、英会話の「イーオン」を買収 教育事業に参入

印刷

   情報通信大手のKDDIは、英会話教室などを運営するイーオンホールディングス(HD、岡山市)を買収する。2017年11月22日に発表した。今後も成長、拡大が見込まれる教育事業に新規参入する。

   買収額は非公表だが、数百億円規模とみられる。KDDIが2018年1月22日をめどに、イーオンHDの発行済株式を、同社の株主から全株取得する株式譲渡契約を結んだ。

  • 英語教育は成長が見込める!
    英語教育は成長が見込める!

「教育」と「ICT」組み合わせ、「EdTech」推進

   KDDIがこれまで培ってきた「ICT技術」と、イーオンHDが長年にわたって育成、蓄積してきた「指導経験豊富な教師やオリジナル教材、留学サービス」を組み合わせた、「EdTech」を推進する。今後、AI技術を活用した学習者向けのカリキュラム最適化支援や、VR技術を活用したバーチャル英会話プログラムなどのサービスを検討する。

   英語教育は2020年以降、小学校での英語教科化や大学入試における英語4技能試験の導入、訪日外国人観光客の急増に伴うインバウンド需要への対応など、学習ニーズの高まりが想定され、国内では成長が見込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中