【新春編 その2】2018年は空前の英語ブームが到来 目指せ!五輪ボランティア(井津川倫子)

印刷

   2018年は空前の英語ブームが到来するでしょう。

   「東京オリンピック・パラリンピック2020」を前に、英語のニーズが高まることが予想されます。2008年の北京五輪のときにも、中国で英語ブームが起き、多くの人が英語学習に励んだといいます。アナタも「東京五輪で通訳ボランティア」を目指しませんか――。

  • 2020年、TOKYOは外国人客であふれる!?
    2020年、TOKYOは外国人客であふれる!?

「東京五輪で英語のボランティア」は夢じゃない!

   ハッキリと具体的な目標を定めたほうが、英語の上達はグンと早く伸びます。

   東京五輪まであと2年半。「東京オリンピックで外国人と英語で話す」ことを目標に、英語学習をスタートしましょう。

   英語は世界の共通語ですから、英語さえマスターすれば大丈夫! 世界中から訪れる人たちと交流できますし、選手村でのガイド役も夢ではありません!

   東京五輪の会場で、英語を流暢にあやつって「おもてなし」をする自分の姿を想像しながら、英語学習に励むことをオススメします。具体的な「成功イメージ」が抱けると、がぜんやる気が出てきますよ!

   東京五輪では、「大会ボランティア」「都市ボランティア」の2種類が募集予定で、合わせてなんと9万人以上が必要といわれています!

   ちなみに「理想的なボランティアオリンピック」と称えられた2012年のロンドン大会では、7万人を超えるボランティアが活躍したそうです。

   東京五輪の公式ホームページによると、「大会ボランティア」「都市ボランティア」ともに2018年の夏ごろから募集を開始するそうですから、今年一気に英語熱が高まることは必至なのです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中