2020年 7月 12日 (日)

2018年は「働き方改革」がススム?「働き続けることが難しくなる」と答えた主婦は半減に

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   2017年はさまざまな「働き方改革」がニュースになったが、2018年はさらに働きやすくなるのだろうか――。

   主婦に特化した人材サービスを提供する「しゅふJOB」の調査機関「しゅふJOB総研」が、働く主婦に「どのような年になると思うか?」を聞いた。すると......

  • 2018年、女性は働きやすくなるのか?
    2018年、女性は働きやすくなるのか?
  • 2018年、女性は働きやすくなるのか?

2018年は「企業が、女性が働くことの価値をより認めるようになる年」

   しゅふJOB総研が、「しゅふJOBパート」に登録する主婦を対象に、「2018年は『女性が働く』ことについて、どのような年になると思いますか?」(2017年11月23~30日実施。有効回答者数745人)と聞いたところ、

「2018年は転職や独立、在宅ワークなど、これまでより自由にキャリアを選べるようになる年」

   と、働く主婦の36%が答えた。

「企業が、女性が働くことの価値をより認めるようになる年」33%
「出産後も働き続けられるような環境がより整うようになる年」24.8%
「経営幹部や議員、士業などハイキャリアが増える年」8.5%

   と続く。

「保育園不足やマタハラなど、働き続けることがこれまでより難しくなる年」

   と答えた人は16.4%。「その他」は18.3%だった。

   一方、「2017年は『女性が働くこと』について、どのような年だったと思いますか?」と昨年を振り返ってもらうと、「転職や独立、在宅ワークなど、これまでより自由にキャリアを選べるようになった年」と答えた主婦は32.5%だった。

「企業が、女性が働くことの価値をより認めるようになった年」21.7%
「出産後も働き続けられるような環境がより整うようになった年」13.7%
「経営幹部や議員、士業などハイキャリアが増えた年」7%

   と、いずれも2018年を下回る結果に。

   また、「女性が働き続けることが、これまでより難しくなる年」と答えた女性も2017年は32.2%いたが、2018年は16.4%と、ほぼ半減の15.8ポイントも減少していた。

   総じてみると、「2018年のほうが働きやすくなる」と感じているようで、女性が働きやすい、「働き方改革」への期待の高さがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中