2019年 11月 23日 (土)

サラリーマンのための確定申告(その4)株やFXの稼ぎがある人が注意すべきこと

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   株式とか外国為替証拠金取引(FX)とか、投資をしている人も確定申告が必要だって聞いたじぇい。しかも、確定申告が必要な場合と必要でない場合があるって、ホントきゃすか?

   平井先生! 教えてほしいじぇい。

  • 株やFXをやっている人も確定申告が必要な場合がある
    株やFXをやっている人も確定申告が必要な場合がある

NISA口座の人は確定申告は必要ない

   そうですね。まず、確定申告が必要な方の場合について、説明しますね。

   株式やFXをやっている方についても所得金額(儲け)がある場合は、基本的には確定申告が必要になります。

   株式については、「源泉徴収あり」の特定口座以外の口座で取引をした方や、口座外で株式の取引をした方で利益が出た方については確定申告が必要になります。

   ひとつの会社に勤務して給与収入がある方の場合は、株式での利益金額が20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。また、給与収入の金額と株式の取引の利益金額が103万円以下の方についても確定申告の必要はありません。これはFX取引についても同様になります。

   一方、確定申告が必要ない場合ですが、株式取引ついては、源泉分離課税という制度があり「源泉徴収あり」の特定口座で管理している場合には、その特定口座内で税金の計算が完了しているため確定申告の必要はありません。

   また、NISA口座(少額投資非課税制度)で管理している株式の配当金や譲渡益については年間120万円の投資額まで非課税とされているため、確定申告の必要はありません。

   株式を保有していることで得られる配当金については、配当金をもらう時点で所得税が源泉徴収されているため、確定申告の必要はありません。

   しかし、所得税の計算では「配当控除」という制度があり、配当控除を使ったほうが、税金が少なくなる方は確定申告をする必要があります。

   税金が少なるかどうかは、基本的には計算してみないとわかりませんが、目安としては、課税所得金額が695万円以下の方は配当控除を使ったほうが有利になる可能性が高いです。

   FX取引については、ひとつの会社に勤務して給与収入がある方の場合は、FXでの利益金額が20万円以下の場合には確定申告の必要はありません。また、給与収入の金額とFXの利益金額が103万円以下の方についても確定申告の必要はありません。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中