2018年 12月 15日 (土)

2月の企業物価指数、伸び率は円高で抑制

印刷

   企業間で取引される商品の価格の変動を示す、2018年2月の企業物価指数(速報値、2015年平均=100)は100.3となり、前年比で2.5%増、前月比では横ばいだった。日本銀行が3月13日に発表した。

   1月の前年比2.7%の上昇から伸び率は鈍化。3か月連続でプラス幅が縮小した。

  • 2月の企業物価指数は前年比で上昇
    2月の企業物価指数は前年比で上昇

原油価格が大きく影響

   2月の企業物価指数を品目別でみると、前月と比べて化学製品や電力・都市ガス・水道などが物価上昇をけん引した一方で、石油・石炭製品や非鉄金属が下落した。

   これらの数値について、日本銀行の調査統計局の担当者は、3月13日のJ‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に、「1月の原油価格が堅調であったことから、ポリエチレンやポリプロピレンといった原油由来の化学製品や、原油を用いて発電する電力などが物価上昇をけん引しました」と説明した。

   その一方で、下落要因についても原油の影響があるとし、「軽油・ガソリンといった石油・石炭製品の製造は、化学製品の製造に用いる原油に比べて、仕入れのタイムラグが短い部分があります。それゆえに、軟調に推移した2月ごろの原油価格をベースに仕入れが行われ、物価下落に寄与しました」と語る。

   非鉄金属も下落要因となっており、これは年始からの円高傾向の強まりから価格が安くなり、伸び率が抑えられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中