2018年 9月 23日 (日)

「稼ぐ」専業トレーダー、おばらっち×ガラケーの「初めての仮想通貨」(その2)それぞれの取引所には特徴がある 自分に合った取引所を探そう!

印刷

   おばらっち「前回、安心・安全な仮想通貨取引所の選び方について、金融庁に認められた取引所を選んだほうがいいことがわかりました」

   ガラケー「ええ。でも、会社(取引所)って、それぞれ特徴があるんですよ。その特徴を理解し、自分にどの取引所が合っているかを知って、取引所を選んだほうがいいでしょう」

   おばらっち「では今回、もう少し取引所選びについて、教えてください」

「稼ぐ」専業トレーダー、おばらっち×ガラケー の「初めての仮想通貨」(その1)間違えない取引所選び オススメはありますか?

  • 仮想通貨に厳しい目! 最近は「盗難補償」がある取引所が登場した
    仮想通貨に厳しい目! 最近は「盗難補償」がある取引所が登場した

「選ぶ基準」は、やっぱりセキュリティにあり!

   ガラケー「ちょっと、その前にすべての人に共通する『選ぶ基準』をあげておきますね。まず、そもそもどんな基準で仮想通貨の取引所を見ていけばいいのか――。つまり、安心・安全で、稼ぎやすい取引所を選ぶ基準です。

   まず何をもって、安心・安全なのかということです。その一つの基準が金融庁に登録済みで認可が下りている取引所です。これが、セキュリティが高いかどうかを測る目安になると思います。ここまでが前回のおさらい。

   取引所のセキュリティが低い場合、ハッカーなどをはじめとした悪事を働く人たちに、投資した仮想通貨が盗まれてしまいます。今回の「NEM」(コインチェック)に限らず、実際に今までセキュリティが低い取引所を使っていた人が仮想通貨を盗まれたということはたくさんあるそうで、私の周りのトレーダー仲間でも、そういった被害に遭った方々がいました。

   また、突然に仮想通貨を運営している会社が倒産してしまい、お金が戻ってこないというケースも想定したほうがよいでしょう。この時、基本的に取引所は保証してくれません。

   株式やFXに限らず、投資はすべて投資家、利用者の自己責任。それは仮想通貨も同じなので、セキュリティ体制は必ず、「選ぶ基準」にすることが大事なのです。

   具体的には、

・ログイン情報が2段階になっていたり、一定回数ログイン失敗するとロックがかかるようになっていたりするのか。
・仮想通貨を送金、入出金する際にもセキュリティが2段階になっていたり、メール認証が必要になっていたりするか。

   そして、金融庁がセキュリティ体制の一定の基準をクリアし、安心・安全と認めた仮想通貨の取引所が以下になります。金融庁が「認可」した取引所の中で、総合的な判断で8社を選びました。

・bitFlyer
・Zaif
・ビットバンク.cc
・ビットトレード
・QUOINEX
・BITPoint
・BTCbox
・FISCO
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中