「パートが、仕事が終わらないのに帰る」「仕方ない」「無責任」どっち? 専門家に聞いた!

印刷

   「パートの人が、仕事が完了していないのに帰ってしまい、困っている」と嘆く投稿が、インターネットで炎上ぎみの騒ぎになっている。

   「時間で働くパートだから仕方ない」「安い賃金なのに正社員並みの残業を要求するほうがおかしい」という反発だ。

   一方、「パートとはいえ、責任感を持って働くべきだ」と、投稿に賛同する意見も。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、労務問題に詳しい専門弁護士を取材。法的に賛否両論のどちらが正しいのか、また、パートに残業してもらう場合、どういう点に注意すればよいかをアドバイスしてもらった。

  • パートでも残業がある?(写真はイメージです)
    パートでも残業がある?(写真はイメージです)

「パートは定時に帰れるから、安い賃金で働いている」

   話題のきっかけになったのは、女性向けサイト「発言小町」(2018年3月3日付)に載った「仕事が完了していないのに帰ってしまうパートさん」と題する投稿。

「新しいパートさんが入ってきました。勤務時間は10時から15時まで。月末月初めや繁忙期には残業をしてもらう契約ですが、用事があるからと1~2時間ほど残業し仕事が完了しないうちに帰ってしまうことがあるので困っています」

という。パートがやり残りの作業は投稿者が片づけているといい、同僚に愚痴ると「パートだから仕方ないよ」と言われた。投稿者は、そのパートの仕事への意識が「低い」と感じていて、その半面、「不満に思う私が間違っているのでは」とも思う。

   この投稿に対して、「パートは時間で働くのだから仕方ない。残業してもらうだけでも感謝すべきだ」という反発が大半だった。

「パートは正社員よりずっと雇用が不安定で、給与が少なく、福利厚生を享受できない。なぜ好き好んで、そんな立場に甘んじているのか? 定時で帰れるからです。そのパートさん、残業に2時間も応じている。十分に協力的です。希望どおりに残業させたいなら、最初から正社員を雇ってください」
「契約が15時までのパートならば、忙しかろうが何だろうが帰るのは仕方ない。それを破ったら労働基準法違反ですよ。パートには与える仕事量と内容が、その人物の能力、時間制限を勘案して十分に勤務時間中に終えられるものでなければならないと思います」

   つまり、もともと安い賃金のパートに、正社員と同じような働き方を要求したり、1~2時間の残業でも終わらない仕事を頼んだりするほうが間違っているというわけだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中