2018年 9月 20日 (木)

大谷選手が大活躍!うれしいけど、期待がプレッシャーに変わると起こる心配事(大関暁夫)

印刷

   米メジャーリーグ、エンゼルスに入団した大谷翔平選手の投打にわたる大活躍が、メディアや世間の大きな話題になっています。シーズン入り後いきなり打っては3試合連続ホームラン。投げては2連勝で、2戦目の7回被安打1、12奪三振の快投は、彼をよく知る日本のプロ野球ファンの期待をも上回る活躍振りではないでしょうか。

   仕事で行く先々でも、挨拶がわりの話題に大谷選手の話題が出ることは多く、昨日(2018年4月9日)も大谷選手大活躍の原動力はどこにあるのか、企業支援で一緒にチームを組んだことのある人事コンサルタントF氏と職業知識を踏まえて、マジメに雑談しました。

  • 米メジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手(写真は、2017年1月撮影。当時は北海道日本ハムファイターズ)
    米メジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手(写真は、2017年1月撮影。当時は北海道日本ハムファイターズ)

期待が高まるほど力を発揮する、ピグマリオン効果

   「彼の能力が高いのは周知の事実。その高い能力をさらに高めているのが、アメリカにおけるメジャーリーグの注目度の高さを開幕と同時に肌で感じたこと。さらには今やネットを含む各メディアを通じて、リアルタイムに届けられる日本から彼を応援する声にも、相当活躍のスイッチを入れられていると思います。彼は声援が高まれば高まるほどより力を発揮するタイプなのでしょう」とF氏は言います。

   確かに、2016年にリーグ優勝の行方を左右するソフトバンク戦で記録した日本最速時速165キロや、リーグ優勝を決めた西武戦での1安打完封劇。さらには昨年秋、1年怪我に泣き本調子になかったなか、日本最終登板となる試合で見せたパーフェクトなパフォーマンスなど。F氏が言うとおり、自身への周囲の期待感が高まる場面になればなるほど力を発揮することは、過去の事例が実証してくれているといえそうです。

「いわゆるピグマリオン効果というものです。期待感を寄せられた人物は、その期待に応えようとすることで、自分に寄せられる期待感が少ない状態に比べて明らかに期待にそう確率が高くなる、あるいは期待以上の活躍をするようになる、というもの。元々能力が高い大谷選手ですが、これまでもたびたびファンの期待感が高まる試合で結果を残してきた彼なら、米メジャーリーグという日本とは比較にならないほど大きな周囲の期待感や、国民的期待を背負って渡米したことでの日本の野球ファンたちの期待感の高まりに、応えないはずがない、そんなところではないでしょうか」

   F氏の分析は、世間の騒ぎに比べると至って冷静ですが、大谷選手の大活躍の裏には確かに高いレベルでのピグマリオン効果はあったことは間違いないように思えます。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中