2019年 11月 22日 (金)

「老舗だから大丈夫」はダメ! 創業100年企業の倒産が最多に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

LINEにつぶされた福島の名門印刷会社

   【町の小売業】

   静岡市の洋菓子店「R家」は、明治44年(1911年)の創業時には、「ハイカラなお菓子屋」として近隣に鳴り響いていた。クッキーなどの焼き菓子を主力に「アマンド娘」「駿河」「花八景」などのブランドが評判となり、1990年代後半には静岡県中部に15店舗を構えた。

   しかし、地元での知名度が高くても、全国的な知名度を持つ県内ライバル洋菓子店に比べ、土産品需要が低かった。そこへ郊外型大型ショッピングセンターが近くに進出。同業他社の洋菓子店が出店し、一気に売り上げが落ちた。さらに、各店舗周辺にコンビニエンスストアが進出し、追い討ちをかけた。

   「R家」の場合は、「町の老舗小売業」が凋落する典型的な事例で、飯島さんは、

「大型ショッピングセンターとコンビニの進出が、さまざまな老舗の小売店に大打撃を与えています。店内にお菓子を置いていますし、酒類の販売も規制緩和で自由になりましたから、『町の酒店』も追い込まれています」

と指摘する。

   【印刷業】

   福島県の「T印刷」は、大正3年(1914年)創業で、当時から最新鋭の印刷機を持っていた。この技術力から旧郵政省に食い込み、地方にありながら官製ハガキや年賀状の受注を受け、最盛時の2009年には約49億円の売上を誇っていた。ところが、その直後からハガキの需要が一気に減少、これといった手を打てないまま、倒産に追い込まれた。

   飯島さんは、一芸に秀でた老舗企業が、時代の急激な変化に追いつけなかった典型例だと指摘する。

「メールが一般的になった後でも、ほんの数年までは、まだハガキが普通に使われていました。ところが、LINEの登場であっという間にハガキを使わなくなりました。結果論になりますが、T印刷としては予想もできない変化だったでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中