2018年 10月 24日 (水)

新日本プロレス20年ぶり「V字回復」の背景 プ女子、外国人ファン、そして...

印刷

   元プロレスラーで創業者でもあるアントニオ猪木をはじめ、数々の有名レスラーを輩出した「新日本プロレスリング」の業績がV字回復していると、企業情報の東京商工リサーチが2018年6月1日に発表した。18年7月期の売上高が、東京ドームなどを満員にするドームプロレスが全盛期だった1998年の実績を、じつに20年ぶりに塗り替える見通しという。

   好調な業績を支えているのは、「プ女子」と呼ばれる女性ファンの存在だ。

  • 「プ女子」に支えられて復活!(画像は、新日本プロレスリングのホームページ)
    「プ女子」に支えられて復活!(画像は、新日本プロレスリングのホームページ)

「肉体がカッコいい!」「肉体改造が凄い」

   新日本プロレスリングの業績のV字回復を後押ししたのは、「プ女子」だ。東京商工リサーチによると、今では観客の3~4割が女性客という。

   インターネットのプロレス好きが集まる掲示板などでは、

「肉体改造が凄いことになってる。せっかくの肉体美なんだから、試合中はシャツ脱ごうね」
「新日に来てしばらくすると、たいていの選手はかっこよくなるよね。本人にいちばん似合う髪型、衣装、イメージを身につけるようになる」
「選手のキャラが立ってる。でも、なんてっても肉体がカッコいい!」

などと、「プ女子」を含め、選手の肉体美に魅かれているようすがうかがえる。

   最近は外国人ファンも増えているようで、新日本プロレスの公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド」の10万人(2018年1月時点)の会員のうち、4割が外国人で、米国人のコアファンの加入が目立つという。

   新日本プロレスのファン歴28年という東京商工リサーチの社員も、

「今の新日本はストロングスタイルが抜け、新しい楽しみ方が増えている」

と熱いコメントを寄せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中