2021年 1月 19日 (火)

騙された! そう憤る前に考えること 新米社長よ「前進しなさい」(大関暁夫)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

高い契約料、「手抜き」コンサルに怒り心頭

「銀行によく思われようと前社長がやったことではあるのだけれど、まずその金額が半端なく高い。なのにその中身のなさと言ったら呆れるほどで。社内調査やらヒアリングやらはそれなりにやったとは言うものの、1年かけた戦略コンサルティングの結論が『人員削減によるリストラを断行せよ』。そんな結論、決算書を見ただけで素人でも思いつく話で、とてもプロの仕事ではない。当社を舐めた手抜きです。即刻契約解除は当然のこと、当初1年間の契約料だって最低半分は返してもらわないと、納得がいかない」

   相談というのは、この手の話はどう折衝を進めたらいいのか、アドバイスがほしいというわけです。

   M氏が手抜きと言うコンサルティングの仕事が本当にそうなのか否か、間接的に聞いただけではなんとも判断のつかないところです。しかし、それが真実であるか否かに関わらず、この手の話には経営者として認識しておいてもらわなくてはいけない大切なことがあるので、私の立場からはその話だけを伝えることにしました。

「会社が多額の費用を騙し取られたように感じられる事象は、経営者として確かに気分が悪いものだと思います。気分が悪いということは、経営者感覚で出費を考えればこそのことであり、それは経営者然とした素晴らしい姿勢です。しかし、たとえ手抜きで実質騙し取られたとしても、この手の話で違約金なしに契約を打ち切ったり、遡って契約破棄させ返金させたりするというのは、じつに難しい。弁護士を入れて対応を協議したり、過去の経緯を調べたり、膨大な労力を要する問題になりかねないうえに、結果徒労に終わる可能性もあります」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中