2021年 1月 17日 (日)

騙された! そう憤る前に考えること 新米社長よ「前進しなさい」(大関暁夫)

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「泣き寝入りしろって言うのかい?」

   M氏がやや気色ばんで私の話しを遮りました。

「泣き寝入りしろって言うのかい?」
「経営者として考えてほしいことは、社長が後ろ向きな仕事に時間を割かれるという会社としてのロスです。経営者感覚としては、騙し取られたと思しき費用をもったいないと感じる以上に、この先に発生する可能性がある社長自身の労力の浪費をもったいないと思うべきです。すでに失ったものはがんばって埋め合わせをすればいい。この先失われるかもしれないものは、そうならないよう全力で阻止する、それが経営者のあるべきでしょう」

   あれから1か月。あの時の彼の不満顔が少々気になったので、「その後、社長稼業は順調?」とメールをしてみました。

「先日はいいアドバイスをありがとう。お陰さまで前向きな仕事に専念して、とりあえず船出は順調ですよ」

と返信をもらいました。

   経営初心者は前にも後ろにも全力で走りがちなのですが、経営者自らが後ろ向きに走るロスはしっかりと認識しなくてはいけません。M氏は元々が資質の高い人なので、そこを踏まえてくれればきっといい経営者になると思っています。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中