2020年 8月 5日 (水)

役員報酬、最高はソニーの平井前社長27億円 18年3月期決算

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   役員報酬の最高額は、ソニーの平井一夫前社長(現会長)で27億1300万円(2017年3月期は9億1400万円)だった。企業情報の東京商工リサーチが、2018年3月期決算の「役員報酬 1億円以上開示企業」調査をまとめ、6月22日に発表した。

   6月22日17時現在、有価証券報告書の提出が確認された568社のうち、1億円以上の役員報酬を受け取った役員を開示したのは70社で、人数は178人となった。この178人のうち、前年より報酬額が増えたのは88人(構成比49.4%)、減額は31人、同額が1人。前年は開示なく、18年3月期に開示されたのは58人だった。

  • 役員報酬でガッチリ!
    役員報酬でガッチリ!
  • 役員報酬でガッチリ!

2~4位はソフトバンクが独占

   2018年3月期の役員報酬ランキングは、別表のとおり。ソニーの平井一夫前社長の役員報酬、27億1300万円は、歴代5番目に高い報酬額だった。基本報酬の2億4400万円のほか、今年4月の社長退任に伴う株式退職金11億8200万円、業績連動報酬6億4700万円、ストックオプション4億900万円(付与数20万株)などが内訳。

   2位から4位はソフトバンクグループが独占。2位はロナルド・フィッシャー取締役副会長で20億1500万円(前年は24億2700万円)、3位がマルセロ・クラウレ取締役副社長COOの13億8200万円(前年開示なし)、4位がラジーブ・ミスラ取締役副社長の12億3400万円(前年開示なし)。開示された6人のうち、4人が外国人の役員だった。

   5位は、LIXILグループの瀬戸欣哉代表取締役社長兼CEOの11億2700万円(前年5億2600万円)。

kaisha_20180625115625.jpg
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中