2020年 9月 29日 (火)

「C・ロナウドよ、お前もか!」W杯からまだまだ目が離せない、これだけの理由(井津川倫子)

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

決勝戦の結果次第で、まさかの「ネイマール超え」も!?

   今回のC・ロナウド選手の「transfer fee」(移籍金)は約145億円で、現時点で歴代4位の価格だそうです。

Cristiano Ronaldo has become one of the four most expensive players of all time
(クリスティアノ・ロナウドは、史上最も高額な4人のプレーヤーの一人になった)

   「one of the most」(最も~の一つ、一人)は、以前の連載でもご紹介した頻出表現です。これもおさらいしておきましょう。

   史上最高額の移籍金は、2017年に同じくレアル・マドリードからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマール選手の約290億円! 第2位には、今大会での活躍が著しいフランスの新星・エムバぺ選手がつけています。

   エムバぺ選手は、W杯後に約235億円でパリ・サンジェルマンへの正式移籍が予定されていますが、他チームが獲得に動くというウワサも飛び交っています。決勝での活躍次第では「(移籍金が)最高額を更新するのではないか」と報道されているほどです。

   W杯後の「移籍市場」で、とりわけ注目を集めているのがレアル・マドリードの動向です。C・ロナウド選手の後継者候補には、エムバぺ選手の他にも、今大会の準決勝で姿を消したベルギーのMFエデン・アザール選手や、同じく準決勝で敗退したイングランドの若きキャプテン、ハリー・ケーン選手の名前が挙がっています。両者が対決する3位決定戦も見逃せません!

   決勝のゆくえによっては、エムバぺ選手の市場価値が暴騰するかもしれませんし、ひょっとしたらクロアチアの選手に白羽の矢が当たるかもしれません。

   ちなみに、C・ロナウド選手を獲得したユベントスの株価は、メディアが移籍のウワサを報じたとたんに急上昇しました!

The stock price of Juventus soared 34.8%
(ユベントスの株価は、34.8%も急騰した)

   「soar」(急騰する、急上昇する)も以前の連載でご紹介した頻出ビジネス単語です。

   サッカーの話題で目にすると、なんとなく敷居が低くなる気がするのは私だけでしょうか? さて、最終的に今大会で最も価値が「急騰する」選手は誰でしょうか? まだまだW杯からは目が離せそうにありません。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中