2018年 10月 16日 (火)

「介護離職ゼロ」道半ば、年間9万9000人 5年前から2000人減

印刷

   家族の介護や看護のため、現在就いている仕事から離れる「介護離職」者が年間で9万9100人にのぼることが、総務省が2018年7月13日に発表した「2017年 就業構造基本調査」でわかった。

   安倍政権は2020年代初めまでに「介護離職ゼロ」を掲げているが、前回調査の2012年(10万1100人)と比べて、わずか2000人の減少にとどまり、深刻な状況が続いている。

  • 健康が一番!
    健康が一番!

介護離職の約8割が女性

 

   家族の介護のために長年勤めてきた会社を離れたり、転職したりする人は少なくない。なかには、地方へUターンして再就職する人もいる。調査によると、過去1年間(2016年10月~17年9月)に「介護・看護のため」に前職を離職した人をみると、9万9000人で、このうち男性は2万4000人、女性は7万5100人となった。女性が約8割を占めている。

   前回調査(2012年)と比べると、女性が6100人減る一方で、男性は4100人増えた。

   就業状態別では、調査時点で仕事をしている人(有業者)は2万4600人、仕事をしていない人(無業者)は7万4500人だった。前回調査の2012年と比べると、有業者は6800増え、無業者は8800人減少した。

   過去1年間に前職を離職した人に占める介護離職者の割合は1.8%で、前回調査から0.1ポイント上がった。また、会社などに勤めながら介護をしている人は、約300万人だった。

   介護をしている人について、介護日数別の割合を男女と雇用形態別にみると、「正規の職員・従業員」のうち、男性は「月に3日以内」が 32.5%と最も高く、次いで「週に1日」の22.6%、「週に6日以上」の20.3%となった。女性は「週に6日以上」が 30.7%と最も高く、「月に3日以内」の25.1%、「週に1日」の19.0%と続く。

   また、「非正規の職員・従業員」をみると、男性は「週に6日以上」が 29.8%と最も高 く、次いで「月に3日以内」が22.9%、「週に1日」が15.1%。女性は「週に6日以上」が 32.9%と最も高く、次いで「月に3日以内」の20.7%、「週に1日」の17.3%となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中