2018年 11月 20日 (火)

派遣エンジニアの「働きがい」 トップは「仕事への達成感」

印刷

   派遣エンジニアの「働きがい」に最も影響を与えるのは、「仕事の達成感」であることがわかった。人事・人財サービスのアデコ(東京都千代田区)が、就業中の派遣エンジニア(272人)を対象に実施した「仕事の働きがいや転職動機に関する意識調査」を、2018年8月9日に発表した。

   転職の動機をみると、「年収アップ」や「新たなスキルの習得」が目立った。ただ、派遣エンジニアはキャリアアップを重視しているものの、派遣先で正社員になることはそれほど重視していない傾向にあるという。

  • 働きがいは「仕事への達成感」です!
    働きがいは「仕事への達成感」です!

「他の人が見つけられなかった不具合を見つけられた」

   派遣エンジニアに「働きがい」を感じる項目を聞いたところ、最も多かったのが「仕事をやり遂げた達成感」で65.8%だった。次いで、「給与水準」が61.8%、「仕事を通じた自己表現・自身の成長」59.6%と続いた。

   また、「自身の仕事に対する派遣先での評価」が56.6%、「顧客からの感謝・満足されること」が50.7%で4位、5位となり、全体的にみると、他者からの評価よりも自身の仕事への達成感や成長を感じることのほうが「働きがい」に影響している傾向があることがわかった。

出典:アデコ
出典:アデコ

   では、どのようなときに「働きがい」を感じるのか――。派遣エンジニアからは、

「未経験職種での新たな業務経験や知識の習得が楽しい」(34歳、男性)
「厳しいスケジュールのなかでも、納期までにやり遂げた時の達成感は、働きがいになると感じる」(42歳、女性)
「テスターとして、他の人が見つけられなかった不具合を見つけられたり、自身のスキルアップができたとき」(29歳、男性)
「経験を重ねた結果、難易度の高い仕事を依頼されるようになった。依頼される仕事内容が変わっていくと自分のモチベーションがあがり、頑張ってよかったと感じられる」(33歳、女性)

といった声が寄せられた。

78.7%が「スキルアップできること」を重視

   一方、派遣先企業を決めるときに業務内容以外で重視したことを聞いたところ、「勤務場所」を「重視している」「やや重視している」が合わせて(以下、同じ)96.0%と最も高かった。次いで「時給」が93.4%、「職場の雰囲気」89.0%と、職場環境や仕事の条件への項目が上位を占めた。

   また、「スキルアップできること」を78.7%の人が重視している一方で、「正社員になれる可能性が高いこと」を重視している人は45.2%にとどまり、派遣エンジニアは派遣先で正社員になることよりも派遣社員としてスキル習得やキャリアを積めることを重視している傾向があることがわかった。

   また、転職したいと感じるときの要因については、「年収をあげたい」が62.9%で最多。次いで「新たなスキルを習得したい」(44.5%)、「職場の人と合わない」(42.6%)となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中