2018年 9月 19日 (水)

【追跡】航空機の内装品で絶好調のジャムコ 上昇気流にワクワク(石井治彦)

印刷

   株式を売買するうえで、企業の業績は重要な判断材料となる。2018年8月7日、東京株式市場が閉まったあとに、航空機内装品などのジャムコの第1四半期(2018年4~6月)決算が発表された。

   営業利益は14億円。通期(2019年3月)予想は31億円を据え置いた。第1四半期決算の内容は18年9月の上半期予想(15.5億円)に近い水準に達している。

   ポジティブサプライズの決算内容を受けて、通期業績予想は大幅な上方修正が期待できるとの見方が広がり、翌8日のジャムコの株価はストップ高(プラス500円)の2921円で比例配分となった。9日には3025円と年初来高値を更新している。

  • ジャムコよ、上昇気流に乗ってくれ!(写真はイメージ)
    ジャムコよ、上昇気流に乗ってくれ!(写真はイメージ)

主力の航空機内装品が業績をけん引

   2015年10月の高値(5270円)から3年近くにわたって低空飛行してきたジャムコの業績に、ようやく明るさが見えてきたようだ。

   会社四季報(2018年3集夏号)によると、ジャムコの事業構成(18年3月時点)は、航空機の内装品製造が66%、航空機シート製造が16%、航空機器製造は8%、航空機器整備が10%となっている。

   好調の業績をけん引するのは、主力の航空機内装品(ラバトリー=化粧室、ギャレー=厨房設備など)の業績改善のようだ。

   引き続き好調に推移すると考えられる要因として、次のことがあげられる。

(1)ボーイング787の月間製造機数は12機(2018年1~6月納入実績は72機)で、2020年までに14機まで増産の予定とされる。それに伴い、ジャムコが一手に引き受けている航空機内装品(ラバトリー、ギャレー、操縦室の内装・ドア)の納入は、引き続き順調に進むと思われる。
(2)18年5月17日に、2020年に引き渡しが予定されている777X機向けラバトリーの初出荷を発表している。
(3)18年1月16日に、エアバスA350型機向けICEギャレー(客室後方に搭載されるギャレーとラバトリーが一体になったもの)の初出荷を発表している。
(4)そのうえ、内装品事業の新たな柱として育成中のシート事業も、特注品主体からプラットフォーム標準化に方向転換。中期経営計画を見直し、19年度はシート事業の黒字化を見込んでいる(会社四季報2018年3集夏号)。
(5)今期の為替レートは110円に設定。現時点では、想定内に収まっているとみられること。

   現在のところ、これらの諸施策が効いているようだ。

石井治彦(いしい・はるひこ)
   1970(昭和45)年に大学卒業後、自動車大手に勤務。リース販売を手がける。投資歴は実質25年。入社後にユーザーと接するなかで得た情報と自分の知識で、最初のボーナスをもとに株式運用を開始。しかし、78~98年の20年間は投資する余裕がなく、休止に。それが幸いしてバブル崩壊の痛手は軽傷だった。ただ、いつでも動けるよう、日本経済新聞をはじめ経済誌などには目を通していた。
   「現物株式取引」と「長期投資」が基本姿勢。2011年の退職後は少しの小遣い稼ぎと、興味をもって経済誌を読むために株式を保有している。現在、14の銘柄で、1万3800株を運用。東京都出身、69歳。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中