2019年 11月 21日 (木)

転職理由はさまざまあれど、「やりたいことがない」では話にならん!(大関暁夫)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   40代半ばになる家内の甥Kくんが、転職を考えていると私のところにはじめて相談に来たのは3年半ほど前のことです。

   その折に転職希望の理由を聞くと、

「今の会社の殊遇に不満がある」
「都内の嫁さんの実家の敷地内に引越しをする予定があり、勤務地をその近くに移したい」
「待望の子供が生まれて、学校にあがるまでにある程度名の通った企業に勤務したい」

など、どれも40代半ばの転職に納得性を持たせるには貧弱なものばかりでした。

  • 「まかせてください」!と胸を張れること、ありますか?
    「まかせてください」!と胸を張れること、ありますか?

後戻りできない40代の転職

   「やりたいことは何?」という質問を投げかけてみると、「うーん。特に思いつかない...... ですねぇ」と、これといってやりたいことがあってその方向に進みたい、という意志は感じられなかったのです。

   若い頃の転職なら後先考えずとも何事も経験と捉えることも可能ですが、40代ともなれば話は別です。

「40代の転職は難しい。転職してしまってから自分に合わない仕事だと気がついても後戻りはできないし、仮にその先に次を探すのだって至難の業。自分がやりたいことがやれるなら、多少のことは我慢もできる。その意味では、まずは自分のやりたいことが何なのか、よく考えたほうがいい」

とアドバイスしました。

   世界規模の世論調査機関として知られる米国のギャラップ社は、働く人たちの幸福度に関する調査を50年にわたって世界150か国で継続的に行っています。

   それによれば、人の幸福度に最も大きな影響を及ぼしているのは報酬や勤務先企業の知名度ではなく「仕事に情熱をもって取り組んでいるかどうか」だそうで、「仕事の幸福度が高いと人生の幸福度が2倍になる」との衝撃的なレポートがなされています。

   じつは仕事選びは、日々の生活やその人の人生の満足度において、とても重要なことであるとわかります。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中