2019年 10月 18日 (金)

SupershipHDが事業戦略発表会 攻めの「ハイブリッドスタートアップ」、その新たな1歩

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   デジタルマーケティング事業を主軸にさまざまな事業を展開している「Supership(スーパーシップ)ホールディングス(HD)」は2018年10月11日、事業戦略発表会を開き、社長で最高経営責任者(CEO)の森岡康一氏が新たなプロダクトなどについて意気込みを語った。

   同社が報道関係者を一堂に集め、こうした発表会を開催するのは初めてで、森岡社長はや緊張した面持ちで登壇。「こういう舞台は初めてなので、上手にいくかわかりませんが」と、これまで歩みから語り始めた。

  • 「大企業のもつリソースとスタートアップ企業のスピード感を活かした」(写真は、森岡康一社長)
    「大企業のもつリソースとスタートアップ企業のスピード感を活かした」(写真は、森岡康一社長)

「ハイブリッドスタートアップ」による「共創」

   「スーパーシップ」の始まりは2013年。森岡社長がKDDIの革新担当部長として、KDDIのインターネット領域の推進を目的として立ち上げたプロジェクトがそれ。日本のインターネットを大きなひとつの共同体として、新たな第3機軸とする「Syn.構想」を掲げ、はてなブックマークやNAVITIMEなど、さまざまなプラットホームを有する会社と提携をした。

   プロジェクトを進めていく中で、提携各社の足並みを揃えることは難しかったが、その一方、各社のデータ蓄積と顧客の循環によって利益が上がることに気づく。そこで、KDDIを資本主にスタートアップ3社とともに2015年「スーパーシップ ホールディングス」を発足した。

   大企業の持つリソースと、スタートアップ企業のスピード感、両者のメリットを活かした「ハイブリッドスタートアップ」を武器に、初年度は150億円の売上高を達成。年平均成長率は35%を誇る。

   森岡氏は、

「今後、日本の企業が海外でも活躍していくためには大企業とスタートアップが連携し、急成長と価値を『共創』することが大事。スーパーシップがそのモデルケースになればと思う」

と語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中