2019年 1月 18日 (金)

「18歳」でオトナ! 改正民法で「成人式」はどうなるの?

印刷

   もうすぐ成人の日。2019年は、1月14日がその日だ。日本各地で式典やさまざまなイベントが予定されている。

   「成人」をめぐっては民法改正にともない2022年4月に、その年齢が18歳に引き下げられる。このことから、22年以降の成人式に参列する人を、何歳にするかが各自治体で議論にされている。じつは、「成人式」については法律の定めがないのだ。

  • 18歳でオトナ 成人式はどうなる!?
    18歳でオトナ 成人式はどうなる!?

「成人式発祥の地」埼玉県蕨市は「20歳対象」を表明

   成人式について、公益法人・日本財団が成人を前にした17~19歳の若者に調査したところ、74%が従来どおり「20歳」での成人式を希望していることがわかった=図1参照。

(図1)成人式は、やっぱり20歳がいい!?
(図1)成人式は、やっぱり20歳がいい!?

   18歳だと受験シーズンや就職準備と重なって、お祝い気分になれないうえ、飲酒・喫煙ができないため、オトナの仲間入りを果たした節目にならないかららしい。





    20歳での成人式を希望すると答えた人のうち、「受験」を理由にあげた人は62.8%。また、「飲酒・喫煙ができないこと」については38.2%だった=図2参照。

(図2)18歳の成人式は、お祝い気分になれない!
(図2)18歳の成人式は、お祝い気分になれない!

   「成人」をめぐって法改正は、別の法律や社会での理解との間で「ねじれ」が生じることも予想され、日本財団では「各自治体の式典実施の検討にも影響を与えるとみられる」とみている。

   成人式を開催する側の自治体の中には、こうした若者たちの思いに素早く反応する動きもみられている。

   昨夏、神奈川県逗子市はいち早く、民法改正後の2023年1月に開かれる「20歳を祝う成人の集い」(逗子市の成人式に当たる)を、引き続き「20歳」を対象に開くことを表明した。

   「成人式発祥の地」とされる埼玉県蕨市は18年11月22日、頼高英雄市長が「成年式」(蕨市の成人式)では「20歳を対象にする」と発表。18歳を迎えた成年に対しては、市長からのお祝いメッセージや年齢要件の変更に伴う制度上の周知や啓発については今後検討していく考えを明らかにしている。

   また、高松市も「2022年度以降も、20歳を対象に成人式を開催」することを、昨年11月に発表。名称は検討中という。20歳を対象にしたことについて、市は「18歳の多くが高校3年生で、進路の選択に関わる時期に当たることからの教育的な配慮」を理由としている。

   最近は、成人式当日の混乱ぶりが報じられるが、それぞれの地域では伝統的な祝いの行事として定着していることや「大学受験」という教育的な配慮もあり、なかなか変更というわけにもいかないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中