2020年 4月 4日 (土)

世界中が注目!「キングカズ」なら「やりかねない」記録とは?(井津川倫子)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

「あいつなら、やりかねない」

   それでは、今週の「ニュースな英語」は、「wouldn't put it past him to do」(彼ならやりかねない)を取り上げます。

   「~とみなす」という意味の「put」、「~の能力を超えて」という意味の「past」の組み合わせで、「彼の能力を超えているとはみなさない」「彼ならやりかねない」という意味になります。

   一番よく使うのは、主語を「I」(私)にした表現です。

I wouldn't put it past him. (私はそれが彼にできないとは考えない = あいつなら、やりかねない)

   「to do」を加えると、「~をやりかねない」という意味になります。

I wouldn't put it past him to betray us.
(彼なら、僕たちを裏切りかねない)
betray :裏切る

I wouldn't put it past him to steal money
(彼ならお金を盗みかねない)

   こういった言い回しを使いこなすのはハードルが高いですが、意味を知っているかどうかでコミュニケーションに差が出ます。出会った時に、「ああ、こういう意味ね」と思い出せるようにしておきましょう。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中