2019年 8月 20日 (火)

7割がYes!「定年後、給与が下がっても働きたい」 経済的な不安多く

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「人生100年」と言われる今、「定年後、給与が下がっても働きたい」と答えた人は全体の7割にのぼった。日本ファイナンシャルアカデミーが「定年後に関する意識」を調査。2019年3月5日に発表した。

   年金受給年齢のさらなる引き上げが話題になるなど、経済的な不安感からか、「定年後も働く必要がある」と考える人は多いようだ。

  • 老後はのんびり過ごしたいけど……
    老後はのんびり過ごしたいけど……

現役時代は「目の前の仕事で精一杯」

   調査によると、「定年後、給与が下がっても働きたい」人は全体の7割で、その理由には「老後資金のため」や「生きがいだから」「社会とのつながりを持ちたい」という声が上位にあげられた。

   「必要に迫られて」働くのとは別に、「生きるうえでのモチベーションを維持するため」に働こうとする気持ちが見受けられる。

   また、定年後の「お金」の対策について聞いたところ、「十分できている」と答えた人は全体のわずか3%にとどまった。

   「まったくできていない」「あまりできていない」と答えた人は合わせて60%と半数以上を占めた。「なぜ、準備できていないのか」聞いたところ、「目の前の仕事で精一杯だから」という声が最も多かった。現役のうちは日頃の仕事が忙しく、定年後のことまで考える余裕がないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中