2019年 5月 23日 (木)

その恋愛感情がアブナイ! 好きにさせてダマす「デート商法」を動画体験

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「お願い、私が好きならこのアクセサリー、買って!」。出会い系マッチングアプリやSNSをきっかけに、知り合った相手から数十万円の品物を買わされる「デート商法」の被害に遭う若者が急増している。

   3年後の2022年には民法が改正され、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる。成人になると、契約をする際、親の同意が必要なくなるため、18歳になったばかりの若者が狙われる危険が高まる。

   そこで国民生活センターは2019年3月、インターネットに恋愛シミュレーションゲーム風の動画を公開。「デート商法」の恐ろしさを10代~20代の若者に訴えている。

  • SNSで知り合った可愛いミチルちゃんだが…(国民生活センターのホームページより)
    SNSで知り合った可愛いミチルちゃんだが…(国民生活センターのホームページより)
  • 突然、豹変してアクセサリーを勧誘
    突然、豹変してアクセサリーを勧誘

男性は可愛い子、女性はイケメンにコロリ

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた国民生活センター相談情報部の森澤槙子さんによると、デート商法の被害相談は最近急増しており、2018年度は今年(2019年)2月までに446件で、2017年度(同期)の374件に比べ、約20%増えた。森澤さんは、

「デート商法は、出会ったその日や、何回かデートを重ねて恋愛感情が芽生えた頃に、マンションなど自分の『職場』と称する場所に連れて行き、商品を買わせるのが手口です。買わせる商品はアクセサリー類や競馬の予想プログラム、儲け話の情報商材、中には数千万円の投資用マンションなどさまざまです。10代~20代の若者は、ギリギリおカネを出せる範囲の30~60万円くらいの商品が多いです。被害者は男性とは限らず女性も多く、半々ぐらいの割合です。デート相手は、男性には可愛い女の子、女性にはイケメン男が出てきます。特にアクセサリー類は自分も身に着けますから、女性の被害が多いですね」

   と説明する。

   この動画は「デート商法を恋愛ゲームで体験!キミならどうする!?」だ。

   ストーリーはこうだ。男子学生の「太郎くん」は、SNSで知り合ったばかりの女の子「ミチルちゃん」とデートをした。仲良くなったところで、ミチルは「こんなに気が合う人、太郎くんが初めて。好きになっちゃった」と太郎をマンションの1室にある自分の「職場」に案内した。そこでミチルがアクセサリーデザインの仕事をしていることが明かされる。ミチルは、自分がデザインしたというネックレスを見せて、「私のこと好きだったら買ってよ~」と頼むのだった。さあ、あなたならどうする?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中