2019年 5月 24日 (金)

その85 大相撲親方の「日本国籍」取得「こんなものいらない!?」」(岩城元)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大相撲の横綱・白鵬が「日本国籍」取得の手続きを進めていることを明らかにした。2019年4月18日付の新聞各紙が一斉に報じた。

   日本の国籍法は複数国籍を認めていないので、白鵬は日本国籍取得と引き換えに、生まれ育ったモンゴルの国籍を捨てなければならない。

  • 国技館前にある横綱白鵬のパネル(東京都墨田区)
    国技館前にある横綱白鵬のパネル(東京都墨田区)

横綱・白鵬「日本国籍」取得へ動く

   白鵬はかねて、引退後は「親方」になって後進の指導に当たりたいと話していた。ところが、日本国籍を持つ者でないと、親方になれないという日本相撲協会の規定がある。そのため、白鵬は日本国籍を取得することにしたのだ。

   この規定について協会は、「大相撲は日本の文化であり、力士を指導する親方が外国人では、正しく教えることができない」と主張している。

   白鵬の父親は息子の国籍変更に反対していたが、昨春(2018年)、亡くなる前に理解を示したことから、白鵬も日本国籍取得の決意を固めたと伝えられている。心の中ではいろいろと葛藤があったようだ。

 

   ところで、親方が外国人ならどうして、日本の文化である大相撲を正しく教えられないのか? 正しく教えられるかどうかは、外国人であろうと、日本人であろうと、人それぞれで、国籍とは直接の関係がないことではないのか。

 

   この2月に亡くなった日本文学の研究者で翻訳家でもあった米国生まれのドナルド・キーンさんは2012年に日本国籍を取得したが、米国籍であった時も、日本の文化についての識見は、大方の日本人をはるかにしのいでいた。

   また、米大リーグ・マリナーズのイチローさんはこの4月30日、球団と傘下の3Aチームを指導する「インストトラクター」に就任した。

   大相撲が日本の文化であるなら、野球は米国の文化である。そして、後進を指導するという点では、大リーグのインストラクターは日本の大相撲の親方に似ている。でも、イチローさんが米国籍を求められたとは聞いていない。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中