2019年 5月 20日 (月)

【アラフォー女子のいまさら聞けない保険入門】「生命保険は貯金」 ホケン放ったらかし女子の本音からわかること(J.D.POWER)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   いまやアラフォー世代の「所帯持ち」の8割が、生命保険に入っている時代。ただ、その中には入っていることを忘れてしまっている人がいることは、前回「生命保険、入りっぱなしになってない? 新年度にチェックすること」(J-CAST会社ウォッチ2019年4月16日付)でもわかった。また、2割の「加入していない人」は、なぜ入っていないのだろうか――。

   生命保険に加入しない理由、見直さない理由を、同じアラフォー女子に聞いてみると、そこには保険加入の「あるある」があった。

  • 生命保険の加入や見直しは「プロのアドバイス」があったほうがいい!?
    生命保険の加入や見直しは「プロのアドバイス」があったほうがいい!?

リア充女子の結論「銀行預金よりマシ」

   ここ10年ほど、仲良くしているアラフォー女子がいる。仕事の関係ではなく、プライベートで遊ぶ仲間だ。ちなみに、超一流国立大学出身、超一流日系企業社員で独身。ついでに言えば、六本木駅から徒歩圏内の賃貸マンション住まい、リア充と、じつにまぶしい「キラキラ女子」だ。

   彼女に、LINEで聞いてみた。

「生命保険? 入ってないなぁ。毎月かけるのがバカらしいと思って。当面、病気になる気がしないし。 
でも、積立貯金だと思って、終身保険は買っている。20代後半に始めたかな。終身保険だから自分が死んだときにしかもらえないけど、一定の年数を払込みしていれば、払込金額よりたくさんもらえるようだし、解約すれば解約返戻金が出るから、保険というより貯金替わりかな。銀行に預けておいても増えないのだから、保険のほうがオトクよね。積み立てる金額は、毎月『もともとないお金』として考えてるよ」

   将来のためにコツコツとお金を貯めている人は少なくない。その貯める「場所」が、「タンス預金」か、銀行か、証券会社か、違うだけで、選択肢の一つとして彼女は「生命保険」を選んだ。その理由は、加入した終身保険が銀行より利率がよかったためで、「積立貯金」として、ちょうどいいと考えていたようだ。

本社は、米国カリフォルニア州。顧客満足度(CS)調査、コンサルティング、CS向上教育・トレーニングの専門機関。独自のインデックス・モデルを使って顧客満足や顧客経験の構造を明らかにして正確に測定・指数化する。世界の17 のオフィスで、750人以上のアナリスト、統計専門家、エコノミスト、コンサルタント、消費者行動のエキスパートからなるチームを組成。インドや日本、中国、シンガポールなどのアジア圏のほか、北米、豪州、ドイツ、英国など、世界中で顧客満足に関わる情報を消費者と企業に提供する。
調査対象は、自動車、金融、保険、携帯電話、ホテルのほか、ITソリューション、OA機器、自動車部品など多岐にわたる。
http://jdpower-japan.com/about/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック