2020年 3月 29日 (日)

「パートは共働きとはいわない」正社員のママ友にバカにされ悔しい! 専門家に聞いた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「扶養に入っていないパートが共働きとはおこがましい」

   一方、「反共働き派」の意見の中には、「共働きという言葉には、フルタイム夫婦のイメージが強く、パートが共働きを名乗るのは申し訳ない」という意識が強いようだ。

「私もパート主婦です。バリバリ働いている正社員とは比べものにならないほど楽だから、そういう風に言う人がいてもしかたないかなと思う」
「私みたいなパートが、フルタイムの人に『私たちって共働きだから家事育児大変よねー』って言ったら反感買いそう。フルタイム側からしたら、一緒にしないでよって絶対思うもん」
「私もパート主婦ですが、1日3~4時間で共働きはおこがましいと思う。世間で共働きについて話す時、パートは想定されていません。パートの人がいる場では『それも立派な共働き』って言うかもしれないけど、同じ立場の仲間同士で言い合っているだけじゃない?」

   かつて正社員を経験した人がこう指摘した。

「1日4~5時間、週に3~4日のパートだけど、共働きとは思ったことなかった。正社員時代にフルタイムで働いていた時は共働きという認識だったけど、それが大変すぎてやめたから、気分的に共働きとは思えなくなっています」

   こうした賛否両論とは別に目立ったのが、「夫の扶養に入っていれば、共働きとは言わないのでは」という意見だ。

「扶養に入っているかどうかがポイント。共働きなら扶養する必要ないじゃん」
「本人がどう思っていようと、国の制度上、扶養に入っているパートは半人前な労働者ですよ。学生バイトと同じ」

   また、こんな意見もあった。

「ケースバイケースだよね。共働き=どちらも働いているってことではあるが、妻のパート代は全部好きに使っていいお小遣いというケースなら、共働きというには語弊がある。しかし、ほとんどの家計を2人でまかなっているのなら、いくら妻がパートでも共働きでいいと思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中