2019年 9月 22日 (日)

マイクロソフト「週休3日制」への挑戦 IT使いこなせばアナタの会社でもできる!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本マイクロソフトは2019年8月、夏季限定の1か月間、「週休3日制」を導入する。休暇の使い方は自由で、旅行に行く場合などは最大で10万円分の福利厚生ポイントを支給するという。

   いったいどうすれば「週休3日制」が可能なのか。アナタの会社でもできるのか――。同社の業務執行役員・西脇資哲(にしわき・もとあき)氏が行なった「週休3日制へのチャレンジ!! マイクロソフトのエバンジェリストはどのような働き方改革を実践しているか」と題するセミナーを取材した。

  • 「AI」(人工知能)を活用しよう!
    「AI」(人工知能)を活用しよう!

日本はITリテラシーのない人に優しすぎ

   セミナーを主催したのは大手人材広告のマイナビ。2019年6月27日、東京都新宿区の同社セミナー会場で開かれた。エバンジェリスト(伝道師)とはわかりやすく製品やサービス、技術などを紹介する職種で、後述するが、西脇氏は日本マイクロソフトの一役員にとどまらず、「IT業界屈指のカリスマ伝道師」として、さまざまな分野で活躍している人物だ。

   日本マイクロソフトは今年8月の1か月間、金曜日をすべて有給休暇とし、国内の全オフィスを閉鎖する。対象は正社員約2300人だが、派遣社員にも6割の休業補償をする。休暇中は何をしてもOK。

   開口一番、西脇氏はこう語った。

「『週休3日制』と聞いて、みなさん、こう思いませんでしたか? マイクロソフトだから、外資系だから、IT企業だからできるのだと。まったくそんなことはない。特別なことは何もない。普通に社員がITリテラシーを持っている会社なら、どこでもできることです。日本は、ITリテラシーのない人に寛容すぎる。優しすぎるのです。ITを使えない上司のために、部下がペーパー資料を用意したりする。海外ではそんな会社は生き残れません」

   西脇氏は「キャッシュレスがそうです。地方の高齢者がQRコードを使えないからと、一向にキャッシュレス化が進まない」と言って、上海の知人が送ってきた写真を見せた。街角のホームレスがQRコードを使って物乞いをしている様子だ。中国では現金を使う人のほうが珍しいという。

「ホームレスでさえ、ITリテラシーがないと生きていけない時代になっています。日本マイクロソフトはITを使えない人に寛容ではありません」

   確かにこのあとの西脇氏の話を聞くと、「普通」かどうかはともかく、かなりITを使いこなせないと、「週休3日制」はキビシイと感じる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中