2019年 10月 16日 (水)

大事なのは「ストーリー」元ディレクターが明かす、タダでテレビに出て「有名」になる方法(気になるビジネス本)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   宣伝・広告費などほとんどない中小企業が消費者の心をつかむためには、マスコミを味方につけるのが一番の近道だ。メディアでの露出が増えれば、消費者ばかりか、取引先や金融機関の信用を勝ち取るための追い風になる。

   人気経済番組の元ディレクターが、取材する側から、企業のPR戦略の構築をアドバイスした「タダで、何度も、テレビに出る!小さな会社のPR戦略」(同文館出版)は、大事なことは繰り返してメディアに取り上げられることという。そのためには、ドラマ性ある「ストーリー」があるかどうかがカギになるそうだ。

「タダで、何度も、テレビに出る!小さな会社のPR戦略」(下矢一良著)同文館出版
  • 企業がメディア露出でPR戦略立てるには「ストーリー」がカギ
    企業がメディア露出でPR戦略立てるには「ストーリー」がカギ

「負け組」から立ち上がった「ストーリー」

   「ストーリー」があれば、同じストーリーがメディアの種類を変えて、何年にもわたって、ニュースとして、話題として、取り上げられることが続くという。日本酒「獺祭」で知られるようになった山口県岩国市の旭酒造が代表例の一つだ。

   旭酒造は、杜氏の経験と勘に頼らない科学的な酒造りを指向。また純米吟醸酒に特化した商品構成や積極的海外展開など、業界の常識を次々と打ち破って知られるようになった。こうした取り組みが報じられたのは2005年6月、全国紙の地方版で。当時の旭酒造は従業員7人、売上高3億円ほどの無名の企業だった。1998年に同社の杜氏が「FA宣言」したのをきっかけに変革への歩みが始まったという。

   旭酒造をめぐる報道は2010年ごろから頻度が増す。そのなかで、桜井博志社長(当時、現会長)が1984年に父親の急逝により34歳で酒蔵を継いだが、規模が小さく販売不振にあえぎ「負け組」だったことが明かされ、そうした逆境からのサクセスストーリーが語られる。

   「10年以上にわたってマスコミで語られている旭酒造のストーリーは、ほとんど変わってはいません」と著者。ドラマ性があるストーリーにメディアの関心が絶えることはなく、報道がPR効果をあげたこともあり「今では売上高100億円を突破、従業員は200人を超えた」ものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中