2019年 12月 11日 (水)

英国の小さな町がギネス認定 「最大勾配37.45%の坂道」に歓喜するワケは?(井津川倫子)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   イギリス・ウェールズ地方の小さな町「ハーレク」が、歓喜に沸いています。町内の郵便局に通じる坂道がこのほど、「世界で一番急な坂道」としてギネス世界記録に認定されたのです!

   住民の熱意でようやくたぐり寄せた悲願の世界記録。それにしても、スキー場の上級者コースを越える急勾配での生活は何かと苦労がありそうですが、ギネスに認定されるとどんないいことがあるのでしょうか?

  • 英ウエールズの小さな町が「世界で一番急な坂」でギネス世界記録に(写真はイメージ)
    英ウエールズの小さな町が「世界で一番急な坂」でギネス世界記録に(写真はイメージ)

世界一の急坂は「インスタ映え」スポット!

   英国のハーレクにある最大勾配37.45%の坂道「フォース・ペン・スレック」が、ギネス世界記録の「世界で最も急な通り」に認定されました。

   これまでの記録はニュージーランドのダニーデンにある勾配35%「ボールドウィン・ストリート」でしたが、「こっちの坂のほうが急だ!」という住民たちの活動が実り、世界一の座を奪ったと報じられました。

   Wales claims title of steepest street in the world from New Zealand

   (ウエールズが、「世界で一番急な坂」の座をニュージーランドから奪った)

   claim title from~:~からタイトルを奪う、~から王座を奪う

   35%を超える勾配は、スキーの上級者コースを越える急傾斜です。「前王座」のニュージーランド「ボールドウィン・ストリート」の長さは350メートルを超え、坂の上から下までの高低差は70メートル近くあるとか。通り沿いには34軒の家が建っているそうですが、写真ではまるで家々が傾いているように見えます。

   「ボールドウィン・ストリート」は、通りを上り降りするだけでも息が上がりそうな急勾配ですが、じつは、「インスタ映えスポット」として世界中から観光客が訪れる「観光名所」として、その名を轟かせていました。

   これに異を唱えたのが英ウエールズ地方のハーレクの住民。「こっちの坂のほうが急だ!」と、主張して専門家に測定を依頼。1年近くに及ぶ厳しい審査を経て、ようやくギネスの世界記録として認められたと報じられています。

   ハーレクは古城で有名な風光明媚な町ですが、ギネス認定を機に「インスタ映え」を狙って世界中から観光客が殺到するのでしょうか。

   ちなみに、ハーレクの住民によると、「ここに住んでいると駐車がめちゃくちゃうまくなる」とか。急坂で途方に暮れている観光客を助けてあげることも多く、「どの家にも、お礼でもらったワインやビールがたくさんある(笑)」そうです。今後は、ワインやビールをもらう機会が増えることでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中