2020年 8月 13日 (木)

「YOU」に込められた想い ジャニーさん語録にみる新人教育の心得

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

「好きなことをやりなさい」の真意

   「みんなそれぞれ美しさを持っている」という強い信念があるからこそ、ジャニーさんは所属タレントに対して「○○をしなさい」と指示することはありませんでした。

「好きなことをやらせて、自己プロデュース力を育てる」

   ジャニーさんのこの言葉には、そうした意図があったそうです。

   一般的な職場では、好きなことだけやらせることは難しいかもしれません。けれど、

「指示するだけでなく新人の意見を聞いてみる」
「やりたそうにしている仕事は積極的に任せるようにしてみる」

など、できることはあります。

   自己プロデュース力が育つだけでなく、「信頼して仕事を任せてもらえている」と思えることで、仕事への自信にもつながります。

「ボクは夢を作る側の立場だから」

   ジャニーさんは、「夢」についていくつかの発言を残しています。

「出世の方法ではなく、夢に向かって頑張ることを教えたい」
「可能性のあるなしに関係なく、夢を描くこと」

   そのうえで、「自分は夢を持っていない」と発言。その意図を、こう話していました。

「そんなこと言うと、何だかわびしい人間みたいだけど、ボクは夢を作る側の立場だから」

   新人の夢や個性を認めて育てることを生きがいにしていたジャニーさん。そんな彼だからこそ、所属タレントたちは彼の死を大きく悲しんだのでしょう。

   ただ人材を育てるだけではなく、信頼関係まで構築したジャニーさんの新人育成の心構えは、長く語り継がれるものになるかもしれません。(松田優)


プロフィール
松田 優(まつだ・ゆう)
作家、ライター
ゲームソフト開発会社勤務時代からライターとして活動。「底辺ネットライター」の実態を綴った覆面ブログが人気。2019年6月にビジネス系の書籍「かぼちゃの馬車の"クレーム"ブリュレ ホーメスト倒産事件を電子スイーツに仕立てた人たち」を出版。ウエブマガジンのライティング、小説家、ジャーナリストとして執筆中。また大阪を中心に、ラジオ出演など多方面で活躍している。
1983年生まれ、大阪在住。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中