2022年 10月 3日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】くすぶるドル売り材料、株価はどうなる!?(7月21日~26日)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

東京外国為替市場 米利下げ、確実視でドル売り不安

ドル・円予想レンジ:1ドル=106円00銭~109円00銭

   2019年7月12日(金)終値 1ドル=107円89銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルが弱含みの展開が続きそうだ。

   前週のドル円相場は、ドル売りが優勢の展開となり、一時1ドル=107円台前半までドルが下落した。米国の経済指標が市場予想を下回ったことや月末の米利下げ観測の強まりにより、リスク回避のドル売りが広がった。

   今週の外国為替市場でドル円相場は、月末のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げが確実視されていることから、引き続きドルの弱含みの展開となりそうだ。26日発表の4~6月期米GDP(国内総生産)で景気の減速が確認されるようだと、米利下げ幅が0.5%に拡大するとの思惑が強まり、ドルが一段安となる可能性がある。

   加えて、米中貿易摩擦の長期化、中東の地政学リスクによって、ドルの上値は重くなりそうだ。また、今週発足する英国の新政権が、EU(欧州連合)離脱についてどのような方針を打ち出すのか。さらに、25日のECB(欧州中央銀行)理事会での金融政策(利下げ)に対する方針がどのようになるのかが注目される。

   経済指標は、国内では22日に6月のコンビニエンスストア売上高、23日に6月の工作機械受注、6月の全国百貨店売上高、25日6月の企業向けサービス価格指数などが予定されている。

   海外では、23日に米国の6月中古住宅販売、24日に米国の6月新築住宅販売、25日にはECB定例理事会(ドラギ総裁会見)、米国の6月の耐久財受注、26日に米国の4~6月期GDPなどが予定されている。

(鷲尾香一)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中