2019年 11月 13日 (水)

あなたもスーツの「デフォルト族」? ビジネスの着こなしにはルールあり(気になるビジネス本)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   通勤するビジネスパーソンらを見て、就職活動の学生らを見て、そのスーツの着こなしがあまりに「ダサい」のだという。

   本書「世界で闘うためのスーツ戦略」の著者、井本拓海さんは筋金入りのスーツ愛好家。目の当たりにしたスーツをめぐる状況に居ても立っても居られなくなり、正しいスーツ道の伝道に立ち上がった。

「世界で闘うためのスーツ戦略」(井本拓海著)星海社
  • ビジネスの舞台ではスーツについて「ルール」がある
    ビジネスの舞台ではスーツについて「ルール」がある

あきれた「日本人のデフォルト」

   著者の井本拓海さんは1983年生まれの今年36歳。25歳の時から、政府機関から委託を受けた途上国支援など国際協力事業に従事している。世界各地を飛び回り、さまざまな国の人たちと業務をともにするうちに、「なぜスーツを着るのか」と考えるようになり、その大切さがわかるようになったという。

   もともとは服装を気にする方ではなく、学生時代の就活で気を付けていたことといえば、スーツのボタンをすべて留めて、ズボンをちゃんと上げてはくということだけだった。スーツ愛好家となったいまでも、ブランドものや高級品を身に着けるようにしているわけではない。

   だから「いいスーツを着る」ことを評価の対象にしているのではない。国際的ビジネスの舞台ではスーツをめぐってルールがあり、そのルールに従いワードローブをそろえ、TPOに合わせて着こなすことが大事、と主張する。それでこそビジネスパートナーから信頼が得られるのだという。こだわりは「ブランド」だけということでは、仕事も決してうまくいかない。

   著者によれば、ビジネスシーンの「日本人のデフォルト」は、まったくのルール無視。シワが寄った黒のスーツと白のボタンダウンシャツ、ネクタイは判で押したようにストライプ、ベルトには劣化か手入れ不足かヒビが入り、革靴には汚れが見える。「この装いが『正しい着こなし』と思って疑わない」。スーツの正しい着こなしを知っている世界のビジネスマンからみれば「恥の塊以外の何物でもない」。「この『恥』をぶら下げた姿で『日本の製品は他国の製品より優れている』などと周辺国に語るのは、たとえ真実だとしても、その姿は滑稽すぎる」と、激しい言葉でデフォルト族に反省を迫るのだ。

   本書で述べられている著者自身の気配りは相当なものだから、無頓着な装いは余計に目立って見えてしまうようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中