「眠っていた装飾品が超高値なんて!」40年ぶり金高騰にバブル女子が大喜び

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

ジュエリーボックスごと持ってくるバブル女子

   大手リユースデパート「コメ兵」の各店舗にも、金を売る客が増えている。今年(2019年)4月以降の金の宝石の買い取り総額は前年同期より24.3%増えた。特に、8月1日から7日までの1週間は、前年比の60.5%増に達している。

   同社広報の長谷川奈々さんはこう語る。

「生活の不安を感じて、初めて売りに来られる方が多いのが特徴です。特にバブル期に青春を過ごされた女性で、その後、指輪のサイズが合わなくなったりして、ずっとジュエリーボックスに眠っていた宝石類をお持ちになる方がとても多いです」

   バブル世代女子といえば、現在40代後半から50代後半。確かにアクセサリー類がカラダにフィットしなくなっているかもしれない。

「『もう、何十年も身に付けなかったのに、こんなに高く売れるの? わあ~、うれしい!』と、二度目にはジュエリーボックスごと持ってこられる方も多いです」(長谷川さん)

   男性の場合は、逆に「喜平ネックレス」と呼ばれる地金の純度を高めたタイプの中古品が、よく売れているそうだ。

「アスリート系というのでしょうか、強そうな感じの方が身に着けています。こちらは、これからもっと金価格が上がると期待して、オシャレと投資の一石二鳥をお求めのようです」(長谷川さん)

   トランプ米大統領は世界中をかき回しているが、少しは人々の幸福感に貢献することもあるようだ。

(福田和郎)

姉妹サイト