2019年 8月 25日 (日)

【日韓経済戦争】韓国、日本を「ホワイト国」から除外! それでも「人類愛」で安倍首相に慈悲を見せる文大統領の狙いはいかに?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   日韓経済戦争は、韓国政府が2019年8月12日、日本を「ホワイト国」から除外することを決定、ついに報復戦争に突入した。

   これで韓国内の「反日運動」が一気に燃え盛ると思いきや、文在寅(ムン・ジェイン)政権は意外にクールな態度を見せている。いったい、どんな狙いがあるのか。韓国紙を読み解くと――。

  • 日本を「ホワイト国」から除外も、意外にクール?(写真は、文在寅大統領)
    日本を「ホワイト国」から除外も、意外にクール?(写真は、文在寅大統領)

米国発祥のスタバまで不買運動のトバッチリ

   スターバックスといえば、米国発祥のコーヒーショップチェーンだが、日本製品の不買運動のとんだトバッチリを受けている。聯合ニュース(2019年8月13日付)「スターバックスコリア、日本産製品の発注を事実上中断」がこう伝えている。

「韓国内のコーヒー専門店スターバックスコーヒーコリアが日本産製品の発注を事実上中断したことがわかった。現在、スターバックスは日本から『STARBUCKS ORIGAMI(スターバックス・オリガミ)』『VIA MATCHA(ヴィア抹茶)』などの完成品を輸入している。スターバックス関係者は『オリガミ』と『抹茶』などはグローバルラインナップ商品だが、『現在、追加発注をしないでいる』と話した」

   スターバックスの「オリガミ」シリーズは、お湯を注いで飲めるように作られた抽出式のコーヒー製品。オリガミは日本語の「折り紙」から取ったもので、コーヒーを入れて飲みやすいよう取り付けられた紙枠が特徴だ。

   また「ヴィア抹茶」は、手軽に「グリーンティー・ラテ」を作って飲めるよう小包装された製品だ。現在、スタバのグローバル商品で、必ずしも日本だけのものではないが、「折り紙」「抹茶」という、いかにも日本的なネーミングがヤリ玉にあがったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中