2022年 10月 3日 (月)

「時給6000円以上」の会社はここだ! 1位はキーエンス8000円、商社、製薬、不動産...... 上位各社の働き方、ナマの声

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

商社「年功序列が強い。30歳で大台にのる」

   相変わらず、総合商社が上位に並ぶ。年功序列と横並び意識が強く残ってはいるが、もともと基本給が高いのが特徴だ。彼ら・彼女ら自身「最高レベルの待遇」と胸を張る。

「終⾝雇⽤を前提とした⽇系企業の中では、最⾼レベルの待遇と思う。海外駐在した場合にはさらに諸⼿当が付き、収⼊が2倍になることも珍しくない。昇進してもしなくても、ある程度は年功序列で収⼊が上がっていき、純粋な収⼊⾯では⼤きな差が付かないシステムになっている」(三菱商事、女性、営業・年収1700万円)

「年功序列で決定しています。20代は急激に上昇し、30歳になる頃にはほぼ全員が⼤台に乗るはずです。⽇本でもトップクラスの待遇だと思います」(三井物産、男性、経理・年収1200万円)

「他商社との横並び意識や、関係取引先も多数にのぼることから外資系投資銀⾏等のように著しく⾼い給与⽔準となることはない。最近では、早朝出勤に伴う朝⾷補助、勤務時の服装(脱スーツ)、がんに対する取り組みなど給与以外の点に対してのサポートを厚くしている」(伊藤忠商事、男性、管理部⾨・年収1300万円)

「上場企業の平均年収⽐較でも、もらいすぎの⽔準だと思っている。ただしその分、仕事量は多く、拘束時間は⻑い。かつ海外の⻑期出張(移動は休⽇)など、ハードな環境であることは間違いない」 (丸紅、男性、営業・年収1200万円)
「実⼒によって給料や賞与が変わってくるが、元々の⾦額が⼤きいため、同年代での給料に⼤きな差は出にくい。同年代の他企業の知り合いと⽐べても、給料⽔準は相当⾼く、この⾯では満⾜できる」(住友商事、女性、⾦属部⾨・年収1000万円)」

「国内は本給と賞与のみで、⼿当ては⼀切なしのシンプル体系。海外は概ね国内の1.5倍くらいのイメージで、それに加え家賃も会社負担なので楽」(双⽇、女性、部⻑・年収1700万円)

「役職がつくまでは、ほとんど年功序列。残業代は出るので、残業をすればするほど収⼊は上がる。役職がついたら、成果報酬となる。⽐較的、若年層への給与が厚く配分されている」(三洋貿易、男性、営業・年収850万円)」

「業績連動で賞与の透明性は⾼い。成果がボーナスに反映されるので、コーポレート部⾨を含め、社員が協⼒できる体制にあると思う。昇給は年に1回、35歳くらいまでは毎年1万円ずつあがるイメージ。数年に1度昇格があり、TOEICや簿記や社内試験を通れば、昇格できる。昇格すると、若⼿でも100万円単位で年収が増えるので早めに昇格していくことが重要」(豊⽥通商、男性、⾦属・年収1300万円)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中