2019年 11月 18日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】キター!「リスクオン」相場 株価2万3000円台に乗せるか(10月21日~25日)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米中貿易協議の部分合意やブリクジットをめぐる英国とEUとの離脱案の合意などの要因で、株式市場は世界的に好転。日経平均株価も2万3000円台が見えてきた。

   ただ、英国とEUとの合意案が英国議会で否決される可能性があることや、香港や中東情勢などの懸念材料がくすぶる。米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ継続の思惑も広がりやすく、外国為替市場ではドル売りが先行しそうな気配もある。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 株価2万3000円台に乗せるか!
    株価2万3000円台に乗せるか!

東京株式市場 好調な米国の企業決算、株価の下支えに

日経平均株価予想レンジ:2万2000円~2万3000円

2019年10月18日(金)終値 2万2492円68銭

   今週の日経平均株価は、2万3000円台乗せを試す可能性がありそうだ。

   前週は2週連続で上昇、2万2000円を回復するとともに、4月24日の年初来高値を更新した。米中貿易協議の一部合意を材料に、世界的なリスクオン相場となった。

   今週は、2万3000円台乗せを試す可能性がありそうだ。米中貿易協議の一部合意と英国のEU(欧州連合)離脱に関して英国とEUが合意したことなどを材料に、リスクオン相場が継続しそう。加えて、米国の企業決算が本格化しており、総じて好調な業績となっていることも、相場の下支え要因となりそうだ。

   ただ、英国のEU離脱に関しては、英国議会で否決される可能性が残っており、十分な警戒が必要だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中