2019年 12月 16日 (月)

【日韓経済戦争】日本の半導体専門家が喝!「韓国は死ぬ気で国産化を図る覚悟があるのか!」ソウル講演が大反響

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日韓経済戦争が泥沼に陥ってから4か月。韓国は日本から輸入していた半導体の素材や部品を国産化しようと政府・経済界を挙げて躍起になっている。

   そんななか、ソウルに乗り込んで「韓国は40~50年かかってもよいから、死ぬ覚悟で国産化する準備ができているのか!」と、喝を入れた日本の半導体専門家がいる。

   「韓国愛」から発した「正論」を韓国は、どう受け止めたか。韓国紙を読み解くと――。

  • 「韓国に覚悟はあるのか」と喝を入れた泉谷渉氏(中央日報11月12日付より)
    「韓国に覚悟はあるのか」と喝を入れた泉谷渉氏(中央日報11月12日付より)

輸出規制で世界1の日本企業が営業利益10分の1に

   日本の韓国に対する半導体素材・部品の輸出規制は、日本のメーカーにも大打撃を与えている。「それみたことか」という論調で伝えるのが、朝鮮日報(2019年11月11日付)「フッ化水素世界最大手ステラケミファ、営業利益が10分の1に」だ。

「高純度フッ化水素の世界市場でシェア70%を占める日本企業、ステラケミファは2019年7~9月期の営業利益が前年同期の10分の1にまで激減した。日本政府が韓国へのフッ化水素輸出を規制したことで、業績が悪化するというブーメラン効果を生んだ格好だ」

   ステラケミファは11月8日、7~9月期の売上高が前年同期比21%減の74億600万円、営業利益が88%減の1億4800万円だったと発表した。9月中間決算も売上高が12%減の171億4000万円、営業利益も54%減の9億9600万円という落ち込みようだ。

   ステラケミファは純度が99.9999999999%を超える超高純度フッ化水素の製造技術を持っており、この分野では世界中で追走できる企業は皆無の状態だ。例年、フッ化水素生産量の60%を韓国のサムスン電子、SKハイニックスに輸出してきたが、日本政府が輸出規制にあい、韓国に輸出できずにいる。

   こうした日本企業の苦境を、小気味よさげに報道する韓国紙が増えている。また、「国産化に成功した」とする記事も非常に多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中