2020年 6月 2日 (火)

英ポンドの上昇波はまた来る! 「不可能」なブレグジットを動かしたジョンソン首相のスゴ腕(志摩力男)

印刷

   2019年10月10日、ジョンソン英首相はアイルランドのバラッカー首相をイングランド北西部に招き、ランチミーティングを行いました。両首脳は会談後にツィッターで合同声明を発表。その中で、「(ブレグジットについて)合意への道筋が見込めるとの点で一致した」と、驚きの声明を表明しました。

   「不可能」と思われたブレグジットが動いた瞬間でした。

  • 英ジョンソン首相は「いい仕事をした」(写真は、英国・ロンドン)
    英ジョンソン首相は「いい仕事をした」(写真は、英国・ロンドン)
  • 英ジョンソン首相は「いい仕事をした」(写真は、英国・ロンドン)

「合意なき離脱」なら、英GDPは8%超下落か

   これまでアイルランドのバラッカー首相は、英国のブレグジットを最も痛烈に批判していました。国境を接するだけでなく、これまでの歴史的経緯もあります。

   その意味では、当然の反応ではあります。ところが、そのアイルランドの首相がジョンソン英首相の離脱案を評価しました。合意に基づく離脱が可能になった瞬間であり、それだけで市場は激震しました。

   英ポンドは、対ドルで1.22ドル台半ば前後、対円では131円台半ば辺りで推移していましたが、このニュースを受けてそれぞれ200ポイントほど上昇。その後10日程度で対ドル1.30ドル前後に、対円では141.50円前後へと10円もの上昇になりました。

   今年の為替市場は本当に動かない相場が続くのですが、この英ポンドのラリーは今年最大のチャンスだったと言えます。この10円の上昇の一部でも取れていれば、今年の為替トレードは収益的にかなり楽になったはずです。

   なぜ、英ポンドはこれほど上昇したのか――。それは、英ポンドが極めて「割安」だったからです。2016年6月23日の国民投票で英国民は大方の予想に反して、離脱「賛成」に投じました。

   EU(欧州連合)から離脱すると、英国の経済力、国際競争力は相当下落することになります。特にまったく準備のない「合意なき離脱」となった場合、英国のGDP(国内総生産)は8%以上下落すると試算され(英中央銀行、英財務省による)、英ポンドはそれを反映して対ドルで1.00ドルを割り込むかもしれないと、悲観的に予想されました。

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中