2020年 1月 29日 (水)

「顔しか取り柄がない私。仕事でほめられたい」 美人過ぎる新入社員の投稿が大炎上 専門家に聞いた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「顔しか取り柄がない私。仕事でほめられたいがどうしたらいいの?」。こんな、美人であることを悩む新入社員の投稿が大炎上している。

   ちょっとイヤミな悩みにも思えるが、なぜか女性たちの多くが親身にアドバイスしているのだ。「私も美人すぎて困ったが、美貌を武器に仕事した」という体験談も。働く女性と容姿の問題について、専門家に聞いた。

  • 美人過ぎる悩みって……(写真はイメージ)
    美人過ぎる悩みって……(写真はイメージ)

同期は仕事でほめられるのに、私は「美人だね」だけ

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2019年11月20日付)に載った「顔だけが取り柄」というタイトルの次の投稿だ。

「今年から新社会人になった者です。タイトルの通り、どこへ行っても誰に会っても必ず容姿はほめられて生きてきました。逆にいうと、容姿しかほめられないのです。子どもの頃から、自分のことを褒めてくれる人を『皆優しいんだなぁ』と思ってきました。しかし、就職して気づいたのです。いつまでたっても容姿にしか言及されないのは、単に容姿がよいからではなく、他にほめるところがないからだと...」

   同期を見ても皆明るく、いろいろなことに気づかいができて、仕事ができる。彼女・彼らが仕事への姿勢や優秀さで評価されているのに対し、自分に向けられる言葉はいつも「可愛いね」「美人だね」という言葉ばかりだった。

「それに気づいてから本当にショックで、容姿に関する話題にも過敏になってきました。『また顔の話か...』と落ち込んでいます。歳を重ねていった時に、仕事もできない、昔はキレイだったただのオバチャンになった自分を想像すると恥ずかしいです。能天気で生きてきた私が、容姿以外でも何か認めてもらえるようになるには、どう頑張ったらよいかアドバイスをいただきたいです」

   この投稿には、次のような皮肉っぽい声がいくつかあった。

「一見謙虚に見えますが、あなたの傲慢さがチラリと...。私、おばちゃんですが、美人さん大好物です。ただ、それは心もたおやかで優しい人だけ。傲慢さがある人は顔に出ちゃいますので、お気をつけて」
「仕事ができないというより、頭がよくないのでは? 可愛いだけで本当に何もできない子ね、という意味を込めて、『可愛いね』と言われているのでは? 『天然ですね』を『可愛いですね』に置き換えているのだと思います。もちろん嫌味で言われているのですよ」
「そんなに顔がよければラッキーじゃないの。容姿を利用できる仕事に就いてみたらどうですか。まあ、モデルや女優も『容姿以外の』何かに秀でていなければ稼げるようにはなりませんが、『容姿以外の』何が必要か、多少わかってくるのではないでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中